【レビュー】無印良品の電卓はシンプルで使いやすいけれど、叩き心地はイマイチかも

無印良品の電卓 日商簿記検定

簿記3級を受験する為に、電卓を新調した。

仮にも機械科出身の為、電卓といえば関数電卓だった。

しかし、簿記検定では関数電卓は使用できず、もちろんスマホを使用する事も出来ない。

そこで、購入したのが無印良品の電卓。

この記事で紹介する製品

created by Rinker
無印良品
¥1,590 (2020/10/26 10:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

無印電卓の概要

無印電卓の表面
サイズは長さ195mm、幅100mm、厚み8mmと一般的な電卓と大きな差は無い。
無印電卓の裏側
裏面にはゴム足が付いており、滑り止めになる。
無印電卓の足の部分
電卓を斜めにする事ができ、平面の時と比べて液晶が見やすくなる。
無印電卓を斜めに

無印電卓を使用した感想

電卓といえば、SH◯RPやCASI◯といったイメージがあった。

しかし、地元のスーパーには文房具を専門に扱うお店はなく、ノートやシャーペンくらいは売っているが電卓は残念ながら品揃えが悪い。

ただ、無印は郊外の大型商業施設に店舗が入っており、比較的購入がしやすい。

私が購入したのも、駅近の無印良品店であったことから、忘れ物や急用で必要な場合に購入しやすいのもポイント。

以下は実際に使用してみた感想である。

無印らしいシンプルなデザイン

無印良品の電卓
無印良品のデザインはみんなシンプルでオシャレだ。

華美な装飾でオシャレさを出すのではなく、必要最低限の機能を持つ製品としてのカッコ良さがある。

そして、この電卓の色は無印の白。

無印良品の白色は独特で、オフホワイトと言えば良いだろうか。

ボタン部分も色分けする事無く、白色で統一されており結構カッコ良い。

持ち運びやすい薄さだけど、強度に不安

電卓の厚みは約8mmで、教科書やノートと一緒に持ち運びをするのにも邪魔にならない。

しかし、その分ヤワというか作りが甘く感じる。

本体を斜めにするには本体から足を出すのだが、これがなんとも頼りない。

ノートの上に置いて使っている方が悪いのだが、不安定。

元々、液晶画面が斜めになっている場合ならドッシリとした安定感があるが、足を出すタイプだと数字を打ち込む際にどうしても振れる。

ただ、足を折りたためた方が持ち運びをしやすく、電卓を持ち運ぶ機会が多い方は、むしろ足を畳めた方が良いだろう。

とはいえ、実際に壊れたわけでは無いし、簿記三級のテストもこいつで受けて合格できたので思入れは有ります。

電卓を斜めにした時の叩き心地が好きじゃない

無印良品の電卓を斜めにした様子
上述しましたが、薄い分叩き心地も良く無い。

というか、私がこの電卓を好きになれない大きな理由の1つ。

特に足を出して斜めにすると、電卓が沈み込んでしまうのだ。

正直に言って、かなり不安。

押し込んでしっかり答えてくれる安定感を求めている方には少し物足りない反発力である。

逆にパソコンのタイピングとか電卓を優しく叩ける人はあまり気にならないだろう。

ただ、自分は結構なハードパンチャーであるようだ。

液晶表示の視野角が狭いから、数字が見辛い

もう1つ、私が無印の電卓を好きになれない理由が、液晶が見辛いという事。

私の目が悪いというのもあるのでしょうが、横から見た時数字が見辛い。

これが簿記の勉強をするにあたり、かなり厄介。

ノートの上で不安定で数字を打ち込みにくいのと、視野角が物足りないので、この電卓を気にいることができませんでした。

全体的には満足

電卓は1,000円から5,000円代までとかなり価格の幅が広い。

無印の電卓は1,500円程度で手に入れやすい価格帯である。

気に入らない点もあるが、価格的なバランスを見れば納得できる範囲だ。

比較的手に入れやすい無印ブランドと、価格帯である為、電卓選びに拘りがないならばオススメできる製品だ。

この記事で紹介した製品

created by Rinker
無印良品
¥1,590 (2020/10/26 10:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました