日商簿記検定試験当日の持ち物と試験会場の雰囲気!

日商簿記検定

簿記検定を初めて受験したが、前日および当日はドキドキするものである。

検定、試験において間違いがあってはいけないのが、当日の持ち物。

特に簿記検定などの技能を示す試験では持ち物及び道具は試験結果を左右する。

そこで、日商簿記検定当日必須な持ち物をリストアップし、あったら良いなと思った物と一緒に紹介する。

徒然草にも「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」とある。

簿記検定試験の雰囲気や、当日の服装、持ち物が気になる方はご参考にして頂ければ幸いである。

簿記検定当日の持ち物

当日の持ち物は受験票に記載されおり、日商簿記のHPにも持ち物は掲載されている。

試験当日、確実に必要なのは以下の4つだ。

受験票

簿記検定の受験票
受験票はこんな感じで届く。

簿記検定の受験の2週間前に郵送されるが、郵送されない場合は受験する商工会議所に連絡する必要がある。

どの検定においても受験票を忘れてしまっては、検定を受験する事もできない。

まず最初にカバンの中に入れておくべきだろう。

受験番号で席順が決められている為、スマホで受験番号が写るように写真を撮っておくと当日、うっかり落としてしまう事がない。

普通の電卓(そろばんも可)

無印電卓の表面

関数電卓などでは無い、普通の電卓を使用可能です。

簿記検定で、電卓を忘れると三級ですら詰む。

一応、そろばんの使用も可能となっていたが、私が受験した時には使用している人は居なかった。

むしろ、使っている人を見てみたい気もする。(*´-`)

筆記用具

筆記用具
簿記検定の受験時には、シャーペン、鉛筆、消しゴムの3つが置けます。

筆箱は置けませんのでご注意ください。

多分使う人はいないけど、ボールペンもダメです。

シャープペンシルは替え芯も十分に用意しておきましょう。

身分証明書(顔写真付き)

日商簿記の受験票には顔写真は要りません。

そもそも、顔写真を貼り付ける場所がありません。

その代わり、顔写真付きの身分証明書が必要です。

車の運転免許証や、学生の方なら学生証、会社の社員証でも、顔写真付きならOKです。

持っておくと良い持ち物

上の4つは最低限必要なものだ。

しかし、試験当日持っておいて良かったものがある。

それが以下の3つだ。

腕時計

腕時計
受験会場は掛け時計がない場所もある。

私が受験した場所も掛け時計がある事にはあったが、なぜか背中側だった。

試験会場に着かなければ、時計の有無はわからない為、念の為に腕時計は持って行った方が良い。

ただし、アップルウォッチ等の通信機能があるスマートウォッチは禁止。

こちらも電卓同様、普通の時計が必要です。

参考書

簿記検定の教科書
これは受験前の待ち時間、暇なので少し復習するようです。

私は使うつもりがありませんでしたが、周りの方がみんな読んでいると、不安になってきて、結局読みました。

当日は頭に入ってきませんが、心を落ち着かせる道具みたいなものです。

イヤホン

試験会場は意外とざわざわしている。

学生は仲間で来ている事が多く、監督官の説明が始まるまで話をしている事がある。

気にならない人は別に良いが、私は気になった。

音楽を聴きながら試験前はリラックスするのも一手である。

どうせ直前に勉強しても頭に入らない。

ならば、好きな音楽を聞いてマイペースを維持しよう。

受験当日の服装

普通の私服で大丈夫。

スーツや、制服の人は居なかったが、高校生が学校単位で受ける場合は制服かもしれない。

受験会場が商業高校だと在学生は制服指定の場合もあるようだ。

ただし、帽子をかぶっていた方は帽子を外すように言われていました。

簿記検定当日の雰囲気

さすがに資格試験。

試験独特の緊張感がある。

そして、トイレは混雑する。特に試験前と試験後すぐは男女ともに混雑がピークとなる。

時間に余裕を持って会場につくようにして、トイレは早めに済ませておくと吉だ。

試験会場の席順は受験番号で分けられており、会場前の座席表で確認する。

人が集まってくると、席順を見に行くのも一苦労。

席は早めに見つけて、座って落ち着きたい方は早めに会場に行った方が良い。

飲み物の持ち込みはできますが、試験中は机の上に置けないので、水分補給も済ませましょう。

ただし、あまり飲みすぎると試験中にトイレ行きたくなるので程々に。

試験当日は忘れ物なく、程よく緊張して行こう

前日の持ち物準備は簿記検定に関係なく、どんな試験でもやっておいた方が良い。

試験当日は、参考書を読んでも頭には入ってきませんが、参考書を持っていくと良いでしょう。

頭に入ってこなくても、周りの人が勉強していると、気になるもの。

それと最後に、私が試験を受けるときにいつも思い出す言葉がある。

試験に落ちても、死ぬわけじゃないし、大丈夫、大丈夫!

ってことで、ほどほどに緊張して、忘れ物がないよう!。

コメント

タイトルとURLをコピーしました