【独学】FP3級に必要な勉強時間はどれくらい?おすすめの参考書とアプリを紹介!!

FP3級の独学におすすめの教科書 ファイナンシャルプランナー

1日20分を1.5ヶ月。

これは私がFP(ファイナンシャル・プランナー)試験を受けるまでに費やした勉強時間です。

意外と隙間時間の勉強でどうにかなるなぁという感想を持たれるかと思います。

これはね、簡単な試験なんですよ。

FPの資格は人気のある国家資格で、資格の勉強に通って取得!みたいなところがありますが、3級なら独学で十分です。

FP3級取得を目指しているけれど、

独学で大丈夫かな?
勉強時間が確保できるかな?

と悩んでいる方にこの記事が参考になれば幸いです。

FP3級の試験はマークシート方式

まずは敵を知れ!という事で、FP試験の内容についてご紹介します。

FP3級の試験は

・学科試験(正誤問題+三択の選択式)
・実技試験(三択の選択式)

の二つに分かれています。

どちらもマークシート方式です。

計算問題も難しい問題は出ません。

きんざいとFP協会の試験がありますが、別にどちらでも問題の難易度に大きな差はありません。

ファイナンシャルプランナーを目指すから、きんざいとFP協会の違いを調べてみた!
ファイナンシャルプランナー試験を受けることにします。お金の勉強が面白いので、一度ここで体系的に学んでみるのもアリかもと気の迷いが生じたので、受験します。受験しようとしたら、FP試験って2つの団体が開いていることを知りました。一般社団法人 金

ネット上ではFP3級簡単!と言われていますが、その通りです。

かといって、全く勉強せずに合格できるわけではありませんので、私が実践していた勉強方法をお伝えします。

テキスト繰返し読んでFPの知識をインプット!

教科書として使用したのは「FP技能士3級最速合格ブック」です。

[amazonjs asin=”4415224970″ locale=”JP” title=”FP技能士3級最速合格ブック〈’17→’18年版〉”]

例のごとくブックオフで今年度版を購入です。

この参考書は

・章ごとに色分けされている
・フルカラーのページ
・実技試験の問題がついている
・章ごとに例題が付いている

という特徴があります。
フルカラーである
なにしろ最速合格ブックですからね。

最速で受かるにはこれしかないわけです。

FP3級・教科書

教科書部分、赤シート、実技試験問題集の3点セット

FP3級の勉強を始めた一週間はとにかく教科書を読みました。

がしかし、

よくわからん!というか頭の中に入ってこないんですけど!

という状態でした。

ふざけている訳ではなく、社会人成り立て、税金もクソも知らねーよ!と生きてきたらこんな感じですよ。

いいんです、これから勉強するんだから!

とりあえず、覚えるのは無視!

テキストを読み進めていきました。

しかし、結果的にはこれが正解でした。

一度で全てを覚える必要はなく、何回も繰り返し読む事で知識は定着しました。

その後、アプリを使って教科書では覚えきれなかった知識を実践方式で覚えていきました。

隙間時間はアプリを使って勉強

スマートフォンを持っている方ならば、今すぐにでもダウンロードすることをお勧めします。

それが、「FP3級過去問題集」というアプリです。
FP3級の勉強におすすめのアプリ

このアプリでは、過去5回分の試験を受けることができます。

FP3級の試験はマークシート方式ですので、アプリを使って勉強するのが実践向きだと思います。

FP3級過去問題集は

・解説が丁寧
・片手で勉強ができる
・正誤の判定がすぐに出る
・無料

という特徴があります。

単純にマルバツを教えてくれるアプリはありますが、このアプリは解説が丁寧でした。

問題を間違えた時にどこで自分の勘違いがあったのかをすぐに確かめられて便利でした。

正直、学科試験の勉強はこれだけで十分な気がします。

もちろん、あくまで過去問ですから足りない知識は先ほどの教科書で補っていきます。

アプリの勉強は、バスを待つ時間や電車の中でも暇つぶし感覚で勉強できるのが良いところですね。

私は1日20分寝る前に過去問を一回解いてから眠るようにしました。

1日20分を1.5ヶ月使ったのはこのアプリを使っての勉強時間です。

実技は二週間前に詰め込んだだけ


学科試験は勉強開始から毎日続けていましたが、実技試験は試験日の二週間前に詰め込みました。

マークシート試験ということもあり、学科試験と実技試験は大きな違いはありません。

ですから、学科試験で基礎をしっかり積めば実技試験でつまずくところは無いはずです。

まとめ:教科書を読んだら、あとはひたすら過去問

FP3級は教科書を繰返し読むのがおすすめ
FP3級の勉強方法としては、

教科書を読む(1週間)
学科試験を解きまくる(1ヶ月)
実技試験になれる(1週間)

という勉強時間の振り分け方になりました。

とにかく過去問を解いて、出題方式になれることが大切です。

そして、過去問を解くと出題される問題の傾向がわかるので勉強のポイントがわかります。

しっかり、全範囲理解するのが理想ですが、最速で合格を目指す場合は過去問を解きまくる独学スタイルがおすすめです。

FP試験を受けようか迷っている方はスケジュールさえ合えば受けてみてはいかがでしょうか?

お金の勉強の第一歩となることは間違いなしです。

その後、無事に合格できました。

一発合格ぞ!

404 NOT FOUND | ペンを持ったペンギン
きっと誰かの何かの支え

コメント

タイトルとURLをコピーしました