ケースなし・裸族でiPhoneを使うならwraplusのスキンシールがおすすめ!

※ 記事内に広告が含まれます

iPhoneを新調した時にケースなし運用を試してみたくなっただが、ケースなしで使うには傷がつく心配もある。

特に本体に細かな擦り傷がつくのは避けられないだろう。

iPhoneのデザインを損なわず、傷を最小限に減らす方法はないだろうか・・・?

というわけで、wraplusのiPhone用スキンシールを貼ってみた。

iPhone Xsにwraplusのスキンシールを貼った様子

この記事では、wraplusのiPhone用スキンシールを使用して分かったことを紹介しよう。

広告

wraplus iPhone用スキンシールの内容物

wraplus_2set
iPhoneXSに対応したwraplusのスキンシールは「全面タイプ」と「背面タイプ」がある。

現行のiPhoneシリーズに対応したスキンシールは背面と側面のスキンシールが分離したタイプと、繋がったタイプの2種類がそれぞれ1枚ずつ入っている。

自分が「背面タイプ」を購入した、理由は2つ。

wraplusの背面タイプを選んだ理由
  1. 全面タイプをきれいに貼る自信がなかった
  2. ステンレス製のバンパーを見せたい

iPhoneXSでボデイの素材がアルミからステンレスに変更された

高級感のあるステンレスになったのだから、この素材感を残したいので、背面だけを保護する目的でスキンシールを購入した。

wraplus_sus

wraplusのスキンシールをiPhoneに貼ってみた

カメラ、ロゴマークにもぴったりフィット

背面の出っ張ったメインカメラ部分もぴったりフィット!

iphonexs_wraplus_logo

寸法はビタビタに決まっている

カメラの出っ張りは解消できないが、カメラとボディの色を合わせられるのでデザインに一体感が出た
iphonexs_wraplus_camera
アップルのロゴマークであるリンゴマークもサイズぴったり!

やっぱり、かっこいいなぁ!iPhoneXS!!

薄さ0.2mmだから無線充電、ApplePayも使用可能

iPhoneXSに乗り換えた理由の1つがAppleの決済サービスApple Payを使うこと。

スマホで買い物を済ませられると便利だなぁと常々思っていたので外せない機能だ。

Apple Payはタッチ決済システムFeliCaを使用して決済するため、分厚いケースだとを決済ができなくなる恐れがある

wraplusのスキンシールは厚さ0.2mm。どんなケースよりも薄い!

また、ワイヤレス充電へ干渉をしない薄さが重要だったのだ。

ワイヤレス充電は使ってみると、本当に便利だったので良い判断をできたと思う。

ワイヤレス充電器は当時「Anker PowerWave 10」を使っていたが、現在はAir Pods Proの充電器に転用している。
Anker PowerWave 10 Padのアイキャッチ
詳細なレビューは「Anker PowerWave 10 Padレビュー AirPods Proの充電におすすめのワイヤレス充電器」を参考に読んでほしい。

耐衝撃性能は低い

ボディにシールを貼ってあるだけなので、衝撃からiPhoneを守ることは期待しない方が良い

スキンシール運用を考えるなら落下による凹みやキズはつくものだと思っておこう。

iPhone SEもスキンシールを貼っていたが、所々ぶつけてしまい凹ませた私が言うのだから間違いない。

ただ、スキンシールは細かな擦り傷からiPhoneを守ってくれる

iPhoneXSから背面もガラスパネルになり、小キズが付きやすくなった。

日常使いで付いてしまう擦り傷を防止する目的ならスキンシールだけでも十分に役割を果たせるのだ。

iPhoneのデザインを活かしながら背面を守る

iphonexs_wraplus_eyecatch
wraplusのスキンシールは、iPhoneの筐体デザインを楽しむために欠かせない存在だ。

スマートな端末にゴテゴテしたケースを付けるのは無粋じゃないですか……

iPhoneSEに1年以上貼り付けていても、剥がれてくる様子もなく、iPhoneXSもお風呂に持ち込んだりしているが、スキンシールは剥がれてこない!
(本当は良くないのでしょうが、二枚あるしいっか!みたいに使っている。)

スマホにケースつけない派の方はぜひ、wraplusのスキンシールお試しあれ!!

貼り方はYoutubeを参考に

wraplusはYouTubeの公式チャンネルにスキンシールの貼り方を説明した動画がある。

スキンシールは粘着力が強いので、貼り直しでぐちゃぐちゃになってしまうことも…

購入後は貼り付け方を確認しておこう。

コメント