iPad AirはMacBookになれるのか?Magic KeyBoardレビュー

※ 記事内に広告が含まれます
iPad Magic KeyBoardレビューのアイキャッチ

iPad AirをMacBookのように使いたくて「Magic KeyBoard」を購入した。

3万円超の高級キーボードなので、購入をためらっている人もいると思う。

そこで、本記事ではiPad AirでMagic KeyBoardを使ってわかったメリット・デメリットをまとめて紹介していこう。

おすすめポイント
  • 装着時がスタイリッシュ
  • トラックパッドの操作性が抜群
  • MacBookと同じ打鍵感
  • Magic KeyBoard経由で充電
いまいちポイント
  • 持ち出しやすさはマイナス
  • ノートPCの代わりになれない
広告

Magic KeyBoardのスペック・特徴

iPad Magic KeyBoard JIS配列キーボード部分の写真

私が購入したのはMagic KeyBoard(JIS配列)だ。USキーボードは憧れるけどまだ使えないので…

Magic KeyBoardの最大の特徴がトラックパッド付きのキーボードだということ。

iPad Magic KeyBoardのトラックパッドの写真

背面に薄く刻印されたAppleロゴがかっこいい。

iPad Magic KeyBoardに薄く刻印されたAppleのロゴマークの写真

ラバー素材なので、滑りづらく安定した使用感がある。

iPad Magic KeyBoardのカメラ周りの写真

カメラ周辺は四角に切り抜かれており、寸法もバッチリ。さすがは純正アクセサリー。iPad Airだと単眼なのでスペースがあまり過ぎてしまうが、Proならばぴったりだろう。

iPad本体とSmart Connectorで接続され、キーボードの電力はiPadから供給される

iPad Magic KeyBoardのSmart Connerctor部分の写真

マグネットで吸着しているので、着脱も簡単。ピッタリ吸着するが、Magic KeyBoardの吸着面がファブリックなので、iPadが傷つく心配がない

iPad用 Magic KeyBoardのおすすめポイントをレビュー

Magic KeyBoardのおすすめポイントを簡単にまとめると

おすすめポイント
  • 装着時の浮遊感がスタイリッシュ
  • トラックパッドの操作性が抜群
  • MacBookと同じ打鍵感
  • Magic KeyBoard経由でiPadを充電

それぞれのメリットを紹介していく。

装着時の浮遊感がスタイリッシュ

iPad Magic KeyBoardを使っている様子

Magic KeyBoardはiPadを浮かせた状態で使用できる。

見た目に拘らない人は「だから?」という印象だろうが、毎日使う道具のかっこよさは大事

使いたくなる道具というのは、それだけで作業に向かいやすくなる役割も担ってくれるからだ。

Magic Keyboardヒンジは無段階調整ではあるが、見やすい角度が決まっているので自由度は高くない。

iPad Magic KeyBoardのヒンジ部分の写真

私も結局は最後まで倒して使っている。

トラックパッドの操作性が抜群

Magic KeyBoard最大の特徴がトラックパッドがあること。

iPad Magic KeyBoardのトラックパッドを人差し指で使っている様子

しかも操作感はMacBook譲りで抜群の操作性だ。

私がMacBookを使い続ける理由の一つがトラックパッドの操作性なので、これがiPadにも継承されるのは大きなメリット。

タブレットの操作に新しい概念を持ち込んだと言える。

MacBookと同じ良好な打鍵感

Magic KeyBoardはシザー構造と呼ばれる機構を採用している。

iPad Magic KeyBoardでタイピングしている写真

これはMacBookと同じキーボードの構造で、浅いキーストロークと静かな打鍵音がメリットだ。

MacBookで使い慣れた打鍵感なので長時間タイピングしても疲れにくく、作業に集中できる。

打鍵音が静かなので、静かな場所でもキーボードのカタカタ音が迷惑になりづらい点はありがたい。

バックライト搭載なので、暗い場所でもタイプしやすいのも特徴だ。

ただし、バックライトの電源はiPadから供給されているのでバッテリー管理には気を配りたいところだ。

Magic KeyBoard経由でiPadを充電

Magic KeyBoardは、ヒンジ部分にUSB-Cポートが搭載されており、Magic KeyBoard経由でiPadの充電が可能だ。

iPad Magic KeyBoardのUSB-Cポート

充電専用のポートではあるが、iPadのUSB-Cポートが自由になり、外付けSSDやUSB-Cポートなどのアクセサリー類が活用しやすくなる

iPad Magic KeyBoardのヒンジ部分の写真

また、iPadのUSB-Cポートが右側、Magic KeyBoardのUSB-Cポートが左側なので、コンセントの位置やケーブルを考慮せず充電しながら使用できる。

Magic KeyBoardのいまいちポイントをレビュー

残念なポイント
  • iPadと合わせて計1,060g!持ち出しやすさはマイナス
  • 痒いところに手が届かず、ノートPCの代わりになれない

iPad Airと合わせて持ち出しやすさはマイナス

Magic KeyBoardの重さは公式ページには記載されていないが約600gで、意外と重たく、厚みもiPad Air単体の2.5倍ほどになる。

magic KeyBoardを装着したiPad Airの写真

iPad Airと組合せた時の重さを以下の表にまとめてみたが、iPad Air の重さが約460g(第4世代458g、第五世代461g)。Magic KeyBoardと合計して約1,060g。MacBook Air(M1)の重さが1,290gなので、同じくらいの重さになる。

第4世代 第5世代
iPad Air 458g 461g
Magic KeyBoard 600g 600g
合計重量 1,058g 1,061g

さらにiPad Airは11インチなので13インチMacBook Airと持ち比べると、「小さいのに重い!」と感じてしまう。

iPad Magic KeyBoardを手に持った写真

カフェや新幹線など小さなテーブルでしか作業できない場合には、このコンパクトさは便利だが、実際の利用では「これだったらMacBook Air持ち出そう」となる場面が多かった

結局、ノートパソコンの代わりになれない

iPad OSは進化しており、ノートパソコンのようにiPadを使える。

ただし、あくまでも ”ように” だ。完全な代わりを求めるのは荷が重すぎる。

ExcelやAdobeのPremier Proのアプリは結局、ノートPCの方が使いやすく、上述の重さも相まってタブレットの携帯性を犠牲にしてまでMagic KeyBoardにこだわる意味はない。

iPad+Magic KeyBoardの組合せよりもMacBook Air(M1)でできることの方が多いからだ。

iPad用 Magic KeyBoardはこんな人におすすめ

改めて、iPad用のMagic KeyBoardの特徴を紹介すると

以上のことからiPad用 Magic KeyBoardをおすすめできるのは

SLIK 三脚ナット式脚ロックのパーツ
  • メインPCのサブ機として使う
  • iPadで執筆作業をする予定
  • タブレットの拡張するアイテムと割り切る

という人だ。

iPad用 Magic KeyBoardのレビューまとめ

かなり辛口なレビューになってしまったが、製品としての完成度はかなり高く満足している

MacBookと違って、できることが限られているから集中力が増す場面もある。

ただし、価格と見合わせた時にその性能を生かせる場面が少ないというのが本音だ

高い買い物になってしまったので、MacBook Airのサブ機としてこれからもどんどん活躍してもらおう!

コメント