持ち出すならこれ!外付けSSD BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAレビュー

※ 記事内に広告が含まれます
BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAを持っている写真

写真データの取り扱いが増え、現在使用している外付けHDDでは速度不足を感じることが多くなった。

ということで、「BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BA」という外付けSSDを購入した。

HDDと比べると明らかに通信速度が速くなり、作業効率も上がった気がする。

ここでは、BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAの実際に使ってわかったメリット・デメリットを本音で紹介していく。

おすすめポイント
  • ベンチマークテストも好成績
  • 小型・軽量。圧倒的な携帯性能
  • シリコン製バンパーで堅牢製アップ
いまいちポイント
  • アクセスランプがあると更にグッド
広告

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAのスペック・特徴

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAをPCに接続している写真

サイズ57×12.2×106.5mm
重さ約79g
インターフェースUSB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
端子形状USB Type-C
SSD容量4TB / 2TB / 1TB / 500GB
パッケージ内容USBケーブル(C to C, 30cm)
USB変換アダプター(C to A)
取扱説明書(保証書)

今回購入した BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAは、パソコン用メモリやストレージ、ネットワーク機器を手掛けるBUFFALO(バッファロー)から発売されている。

ではでは、開封。付属品は4種類ある。

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAの内容物を紹介する写真
付属品
  • SSD本体
  • USB-C to Cケーブル(0.3m)クリップ付き
  • Type-A変換アダプター
  • 取扱説明書

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAの本体は艶消しブラックで、カラーバリエーションは無い

シンプルなデザインなので、仕事でもプライベートでも使いやすい印象。

サイズは、57×12.2×106.5mmの名刺サイズ。スマートフォンと比較しても小さいことがわかる。

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAと名刺、スマートフォンを並べてサイズを比較した写真

重量は74gとかなり軽量なので携帯性は抜群。

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAをはかりに乗せて重さを測っている写真

USB-Cポートはシリコン製のカバーキャップがごみや水分の侵入を防いでくれる

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAのシリコンキャップの写真

USB-Cポートを搭載したiPhone15シリーズにも対応しているので、動画撮影の際にも持ち出している。

Type-A変換アダプターが付属しているので、既存機器への互換性も考慮されている。

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAのおすすめポイントをレビュー

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAのおすすめポイントを簡単にまとめると

おすすめポイント
  • ベンチマークテストも好成績
  • 小型・軽量。圧倒的な携帯性能
  • 防塵防滴・耐衝撃に優れている

それぞれのメリットを紹介していく。

ベンチマークテスト・実作業も好成績

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAはUSB3.2(Gen2)に対応しており、理論値では最大10Gbps(1,250MB/s)の高速通信が可能だ。

商品ページには書き込み速度1,050MB/s、書き込み速度1,000MB/sと紹介されているが果たして…

Mac版CrystalDiskMarkと評されるストレージベンチマークソフト「AmorphousDiskMark」で計測してみた。

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAのベンチマークテストの結果

ベンチマークテストの結果は読み込み速度851.59MB/s、書き込み速度638.38MB/s。公称値通りとはならなかったが、実用的には高速といえる部類だ。

私のようにブログで多くの写真を保存した場合でも、ストレスなく使用できる。

小型・軽量。圧倒的な携帯性能

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAを持ってみると軽すぎて驚く

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAを手に持っている写真

今まで外付けHDDしか使ったことが無い人間からすると、こんなに軽くて大丈夫なのか?中身入ってる?って思うくらいに軽い。

サイズも名刺サイズなので、ガジェットポーチに収納しやすく携帯性は抜群!

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAのサイズを名刺と比較した写真

更に、持ち出すことが少ない人も保管スペースを節約できるのはメリットだ。

やっぱり、軽量コンパクトは正義!

ストラップホルダー付き!忘れ物防止トラッカーをつけられる

BUFFALOの外付けSSD SSD-PHP1.0U3-BAにAirtagをつけた写真

USBポートの反対側にストラップホルダーがある。

外付けSSDは持ち出すことを前提に購入する人は、AirTagなどのスマートトラッカーを取り付けられる

ストレージを外出先で忘れることは、自分のプライベートを丸ごと置いてきてしまう怖さがある。

特にSSDのような外部ストレージでバックアップをとっている人にはセキュリティ面も含めて、忘れ物防止トラッカーの導入を検討してみても良いだろう。

防塵防滴・耐衝撃に優れている

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAはIP55対応の防塵・防滴性能を備えた筐体を採用している。

更にシリコン製のバンパーは米軍MIL規格に準拠して設計され、耐衝撃性も折り紙付きだ。

写真撮影の際に多少ハードな場面であっても、持っていける安心感がある。

IP55対応の防塵・防滴性能

防塵性能:塵埃の侵入を完全に防止できないが電子機器の動作には問題がない

防水性能:あらゆる方向からのノズルによる噴流水機器が影響を受けない

米軍MIL規格

米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠した規格において、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAのいまいちポイントをレビュー

残念なポイント
  • アクセスランプがあると更にグッド

アクセスランプがあると更にグッド

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAには接続を確認するためのランプ(アクセスランプ)がない

接続されているかど視覚的にわからない点は少しマイナスに感じる。

性能的に劣っているわけではないので、アクセスランプがあるとより良い製品だったかなと思っている。

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAはこんな人におすすめ

手軽にコンパクトな外付けSSDの購入を検討している人におすすめだ

耐衝撃性能・防塵防水性能も屋外で使用しても安心できるスペックなので、外出先で使用したい!という要望にも答えてくれる。

iPhone15シリーズにも対応しているので、動画撮影の際にも活躍している。

容量も500GB、1TB、2TB、4TBと選べるので必要な容量を選択しよう。

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAのレビューまとめ

BUFFALO SSD-PHP1.0U3-BAを紹介してきた。

軽量コンパクトにプラスして、防塵・防水・耐衝撃性能と持ち出して使用するニーズに応えてくれる外付けSSDだ

外付けHDDしか使ったことなかったので、SSDは隔世の感を禁じ得ない。

やっぱり、PC周辺機器はこまめにアップデートしていこうと思った製品でもあった。

コメント