入門機?いやいや、大本命!初スマートウォッチApple Watch SE2をレビュー!

ついに買ったぞ!Apple Watch!
Apple Watch SE2のアイキャッチ
ずっと購入を悩んでいたのは以下のような不安があったからだ。

  • バッテリーがすぐ無くなるらしい
  • 結局、何が便利なのか分からない
  • 今まで付けていた腕時計はどうしよう

購入から6ヶ月ほどが経過し、実際の使用感がわかったのでレビューをしようと思う。

本記事では、Apple Watch SE2を実際に使ってわかったメリットとデメリットを紹介する。

広告

Apple Watch SE2を使ってわかったメリット

20時間駆動のバッテリーは充電なしで1日装着できる

Apple Watch SE2残バッテリー
Apple Watch SE 2の最大バッテリー駆動時間は20時間。

実際に使ってみると、1日1回の充電は必要だが、日常生活でバッテリー切れを心配する必要はない感じだ。

Apple Watch SE 2は残念ながら高速充電には対応していないので、1回の充電時間は1~2時間ほど。

睡眠のログを取るなら寝る時以外の充電時間が必要になる。おすすめはお風呂に入る前に充電を開始して、ベッドに入り前に腕に装着する方法だ。

お風呂の時間を利用することで、Apple Watch活用の時間を増やすことができる。

手元で震えて通知を逃さない

Apple Watch Gmailの通知
LINEやメール、電話など通知を見逃すことが少なくなった。

正直、LINEやメールの通知は無視しても良いのだが、電話は重要度と緊急度が高い場合が多く、できればかかってきたタイミングでキャッチしたいからだ。

特に、iPhoneを常にサイレントモードで使用しているような人間にとって、手元でさりげなく通知を教えつつ、しっかりキャッチできるApple Watchは心強い存在になった。

また、Apple Watchは通知を許可するアプリを選択できる。通知が不必要なアプリは通知をオフにし、必要な通知のみを受け取れるのも良い。

マスク有りでもFace ID解除

Apple Watch SE2でロック解除
iPhone12以降のiPhoneであれば、マスクをした状態でもFace IDを解除できるが、私は未だiPhoneXsを愛用している。(Lightningケーブルはいつ廃止になるの?

iPhone12以前のiPhoneはApple Watchを装着した状態なら、マスクをした状態でもFace IDを使用できる。

コロナによるマスク生活で、ほぼ活用のタイミングがなくなったFace IDが無事復活。やっぱり、顔を向けるだけで、ロック解除できるのは便利だ。

豊富なライフログで健康志向が高まる

Apple Watch SE2のアクティビティリング
健康が気になる20代後半。週3回、ジムに通っているが、ここでもApple Watchは大活躍する。
Apple Watch SE2の歩数ログ
Apple Watch SE 2で計測できるライフログは以下の通りだ。

  • 高心拍数と低心拍数の通知
  • 不規則な心拍リズムの通知
  • 周期記録
  • 睡眠のログ(レム睡眠、コア睡眠、深い睡眠)

特にランニングなどの有酸素運動の識別機能が高く、特別な操作の必要なく時間と距離の計測を開始してくれる。
Apple Watch SE2のワークアウト選択画面
睡眠のログは、レム睡眠・コア睡眠・深い睡眠の3種類を測定してくれる。正直、睡眠のステージが健康にどのような影響があるのか理解していないが、レコードを見ているだけでも楽しい。

また、1時間座りっぱなしの姿勢が続くとApple Watchから立ち上がるように通知が来る。
Apple Watch SE2から立つように指示される
デスクワーク中心の人にも体を動かすきっかけをくれる。

手首で震えるアラームが起床を手助け

Apple Wathにアラームを設定しておくと、時間になると手首で震えて教えてくれる。

これのおかげで、iPhoneのアラーム音で起きるよりも格段に起きやすくなった。

毎朝アラームのけたたましい音で起きるのに、うんざりしている人は振動で起きるアラームを試してみてほしい。

衝突事故検出で万が一の時も安心

最新のWatch OSをを搭載した Apple Watch Series 8、Apple Watch SE (第 2 世代)、Apple Watch Ultraは衝突事故検出機能が搭載されており、いざという時に緊急通報サービスを使用できる。

iPhone や Apple Watch の衝突事故検出の仕組み

衝突事故検出は、セダン、ミニバン、SUV、ピックアップトラック、その他の乗用車が絡む激しい衝突事故 (正面衝突、側面衝突、追突、横転など) を検知するよう設計された機能です。車の激しい衝突が検知されると、iPhone や Apple Watch は警告音を発し、画面には警告が表示されます。
参考:Appleサポート 事故に遭ったときに iPhone や Apple Watch の衝突事故検出で助けを呼ぶ

最新のiPhone14からiPhoneにも搭載された機能だが、Apple Watch SE 2も利用できる。(Lightningケーブルはいつ廃止になるの?

Apple Watch SE 2を使ってわかったデメリット

他の腕時計の使用頻度が下がる

第二種電気工事士試験で使った腕時計
Apple Watch SE 2を購入してから、今まで使っていた腕時計はほとんど使わなくなった。

Apple Watchでライフログを取得しているので、外すタイミングが無いのだ。

今までの腕時計を使う場面は、映画館や観劇などApple Watchを含めたスマートウォッチを使うのが憚られる時や、資格試験などスマートウォッチの使用が禁止されている場合のみ限られてきた。

逆に言うと、今まで腕時計をつける習慣がない人でもApple Watchは腕時計を使う習慣が身につくと思う。

Apple Watch SE2を使ってわかったことのまとめ

Apple Watch SE2を実際に使ってわかったメリットとデメリットを紹介してきた。

購入前に機能面で悩んでいたことは全てクリアし、初めてのスマートウォッチとして最高の製品であることがわかった。

ただし、他にお気に入りの腕時計を持っている人は、その腕時計の活躍頻度が下がることを覚悟しておいた方が良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました