MX MASTER 3Sレビュー!静音性能が向上した最強マウス

※ 記事内に広告が含まれます
MX MASTER 3Sを紹介する記事のアイキャッチ画像

至高の定番マウスとして名高いロジクールのMX MASTER シリーズ

その中でも、静音性能と作業効率を向上させたのが今回購入した「MX MASTER 3S」だ。

これまでのマウス体験を変えた自己最高のマウスだったので紹介したい。

おすすめポイント
  • クリック音が静か(90%軽減)
  • Logicool Flowでシームレスに作業
  • ボタン登録で作業効率アップ
  • Logi Bolt対応
いまいちポイント
  • 使い込みによる色変化
  • 1万5,000円弱の高級マウス
広告

MX MASTER 3S のスペック・特徴

MX MASTER 3Sの全体写真
製品名MX MASTER 3S
サイズ高さ:124.9mm×幅:84.3mm×奥行き:51mm
重さ141g
センサー技術Darkfield高精度 公称値: 1000 DPI
DPI(最小値と最大値)200~8,000DPI(50DPI刻みで設定可能)
カラーグラファイト:MX2300GR
ペールグレー : MX2300PG
Logi Bolt USBレシーバー高さ:18.4mm
幅:14.4mm
奥行き:6.6mm
重量:2g
参考logicool公式サイト

MX MASTER 3Sのカラーバリエーションは2色。

グラファイトの落ち着いた色合いも素敵だが、私はペールグレーを選択!おしゃれな感じがたまらん!!

カラーバリエーション
  • ペールグレイ
  • グラファイト

Logi BoltのUSBレシーバーが付属しているので、MX keysなど他のロジクール製品との連携もばっちりだ。

ノートパソコンで使用するときはBluetooth、デスクトップPCで使うときはLogi Boltなど使い分け可能で使いやすさも向上。

さすがは、ロジクールのフラグシップマウス。

Logi Bolt(ロジボルト)とは

より安定・安全な接続を可能にしたロジクール独自の無線通信規格。

参考 Logi Bolt 安全かつ安定したワイヤレス接続

MX MASTER 3S を実際に使って分かったこと

クリック音を90%軽減

MX MASTER 3Sは、同社の大人気マウスMX MASTER 3のマイナーチェンジ版だ。

しかし、このマイナーチェンジは只者ではなかった!

静音クリック搭載という大きなメリットを携えてきたのだ

公式HPによると

MX MASTER 3SはMX MASTER 3と比較して左右のクリック音を90%軽減

参考:ロジクール公式HP

しているとのこと。実際に使ってみてもマウス特有のカチカチ音はなく、小さな「ポコポコ」とした音が聞こえる程度。

これなら、配慮が必要な図書館や病院などの静かな環境でも作業しやすい。

諸事情で入院した時にも使っていたが、周囲への音の心配が要らないので大活躍だった

Logicool Flowで複数端末をシームレスに移動

MX MASTER 3Sの裏側 3このデバイスと接続できる

MX MASTER 3Sは、最大3台のデバイスと接続できる

Mac・Windows・iPadのようにOSが異なる場合も登録できるので、私は会社用のWindowsPCと、私物のMacBook Air、iPad Airの3台を登録した。

  • Windows PC(会社)
  • MacBook Air(私物)
  • iPad Air(私物)

さらにLogicool Flowに対応なのでシームレスに端末間を移動できるのもポイントが高い

WindowsとMac PCで同時に作業したい時、画面端にマウスポインタを移動するとボタン等の操作なしに隣の端末へマウスポインタが移動する。

ストレスなく、デバイス間を移動できる心地よさはクセになる。

しかも、テキストデータのコピペにも対応しているので文章作成が多い私には一石二鳥どころではないメリットだ。

カスタマイズで作業効率が上がる

MX MASTER 3Sには7個のボタンがあり、それぞれをカスタマイズできる

MX MASTER 3Sの設定画面

デフォルトの設定は

MX MASTER 3Sのデフォルト設定
  • 左/右クリック
  • 戻る/進む
  • アプリの切り替え
  • ホイールモードシフト
  • ミドルクリック

私は戻る/進むボタンをコピー/ペーストにカスタマイズして使用している。

さらに、同じボタン配置でもアプリごとにカスタマイズを登録できるので、以下のような登録もできる。

  • エクセル:コピー/ペースト
  • ブラウザ:戻る/進む

アプリごとのコマンド使用頻度に合わせたボタン登録を行えば、さらに作業効率が上がる。

約70日間使用できるバッテリー

MX MASTAR 3Sのバッテリー表示画面の画像

MX MASTER 3SはUSB-Cで充電する無線マウスで、フル充電すれば最長70日間使用できる。

MX Master 3Sは、フル充電後最長70日、および1分の急速充電で3時間使用できる。

参考:ロジクール公式HP

さらに、MX MASTER 3Sは充電しながら使用できるのも、嬉しいポイント。

バッテリー切れによる使用不能状態になることもなく、ハードに使っていける。

高速ホイールで1,000行以上ある表も楽々編集!

MX MASTER 3Sを握った写真

MX MASTERシリーズ最大の特徴である電磁気ホイールによる高速スクロール。

ぶん!っとホイールを回せば、エクセルの1,000行近くまで到達できる。

MX MASTER 3Sは、磁力でフリースピンとラチェットの2モードを切り替え、ラチェットモードもカチカチ感は少なくなっている

両モードの違いは使っていくうちに指先で感知できるようになり、自然と使い分けられるようになった。

サムホイールが横スクロールを身近に活用

iPadでMX MASTER 3Sを使用しているイメージの写真

作業中の横スクロールに若干の苦手意識があったが、MX MASTER3Sのサムホイールはそんな苦手意識と作業のひと手間を解消してくれた。

特にフォトショップやイラストレータのようなソフトで、マウスポイントを横スクロールバーに移動させる煩わしさ解放されより集中して作業できるようになった

また、ブログやサイトの作成では、プレビュー画面を表示しながら編集するのだが、ブラウザのタブ移動をサムホイールに設定してから使い勝手がさらに向上。

最小限の動作で編集画面とプレビュー画面を確認できる。

編集画面とプレビュー画面の移動がサムホイールのみで完結するからだ。

最大の弱点は価格

MX MASTER 3S購入における最大のネックは価格だ。

logicool公式ストアの定価は16,940円。Amazonだと15,400円で販売されている。

マウスに1万円以上出すのは気が引ける人も多いと思うし、私もその一人だったのだが・・・今となっては良い買い物だったと実感している。

もしも静音クリックが不要ならば、旧型のMX MASTER 2Sも選択肢に入れてみてほしい

静音クリックではないが、MX MASTER 3Sとほぼ同じ使い心地。

2022年のAmazonブラックフライデー、2023年のAmazonPrimeデー7,900円まで値下げされていたので、かなり狙い目だ。逆にセール中以外は価格差が小さいので、素直にMX MASTER 3Sをおすすめしたい。

持ち運びするならケースを買おう

141gの重量とサイズ感は、据え置き前提のマウスとして使うべきだ。

ゴリゴリのプロ向けマウスなので当たり前なのだが、私のように持ち運びを考えている人には専用のケースを買おう。

ケースをつけると更にサイズアップするが、1万円超のマウスを裸で持ち歩く度胸が私には無いので、持ち帰る時は必ずケースに入れている。

MX MASTER 3Sはこんな人におすすめ!

まとめると「logicool MX MASTER 3S」はこんな人におすすめだ。

  • 仕事の作業効率をあげたい人
  • マウスの持ち運びが少ない人
  • 静音無線マウスが欲しい人

価格が1万円超だが、その価値はあったと実感している。

logicool MX MASTER 3SはMX MASTERシリーズ待望の静音クリックを手にいれ、より使いやすくなった

購入を悩んでいる方は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

おすすめポイント
  • クリック音が静か(90%軽減)
  • Logicool Flowでシームレスに作業
  • ボタン登録で作業効率アップ
  • Logi Bolt対応
いまいちポイント
  • 使い込みによる色変化
  • 1万5,000円弱の高級マウス

ちなみにamazonのマウスパッドもおすすめだ

価格を抑えて有線マウスで高機能なマウスをお探しの場合は同じくlogicool製の「logicool G300s」がおすすめ。

詳細レビューは「【logicool G300s レビュー】ゲーム以外にもおすすめのゲーミングマウス!マクロの設定方法も紹介」で紹介しているので、ぜひ参考に読んでほしい。

コメント