やる気と集中力は違う。やる気はあるけれど集中力が無い時の対処法。

管理人の日記

そんな方法があるなら教えて。

というのは冗談で、私が行っていることをお伝えします。

お役に立てば幸いです。

やる気=行動を起こす力、集中力=没頭する力

私はやる気を行動を起こす力だと思っています。

逆に物事に没頭する、熱中するのは集中力だという考えです。

やる気満々なのに、いざ作業!となると他ごとをしてしまう事が多い私は、「やる気と集中力は違うのではないか?」と思ったわけです。

例えば、本を読もうと本棚から本を取り出して、読み始めるまでがやる気の領域。

本を読み始めて、30分、1時間と本の内容に没頭するのが集中力です。

本を広げてみたは良いけれど、読む気がなくなってしまった。

この状況がやる気があるけれど、集中力がない状態です。

勉強しようとした時、机に座るまではやる気満々だったのに、いざ始めると他ごとをしてしまう、あの状態です。

小さな目標を立て、集中力は後から付いてくるものと信じる

行動を起こす力、やる気があるのですから、集中力は自ずと付いてくるものです。

ですので、一度目標を設定します

この目標は小さな目標で良いと思います。

・とりあえず3ページ読み進める
・5分間だけ問題を解く
・箇条書きだけでも書く

など、いろいろあると思います。

私が気をつけていることは、

とにかく手を動かす作業をするということです。

手を動かす=行動するということです。

何はともあれ、行動してみるだけ。

本の内容が頭に入ってこなくても、とりあえず読む。

問題の意味がわからないけれど、分かるところまで書き出す。

とにかく、動作をするようにしています。

すると、作業に没頭できるときはそのまま、作業に集中できます。

一旦、休む

目標地点に到達した時に集中力が湧き出ていれば良いのですが、まぁそんな上手くは行きません。

私も、集中できる方が少ないです。

そんなときは一旦休みます。

何もしません。

音楽を聞くくらいはしますが、とにかくボケーと過ごします。

集中力を使った後は頭が痛くなる事がありませんか。

私も、文章を書いたり、勉強をするとある一定のラインを超えた時に頭が痛くなるのです。

とりあえず、そのズンズンする痛みが引くまではボケーとします。

何も考えず、とにかくボケーとします。

すると、頭痛も少し減り、不思議とやろう!という意欲が出て来ます。

そして、そういった時というのは不思議と集中できるのです。

誘惑を減らして動作のハードルを下げるために、環境を変える

せっかくやる気になったのに、またすぐに他のことに脱線してしまうのはもったいないです。

そこで、環境を変えて集中するためのハードルを下げましょう。

例えば、私の場合、本を読む時に障害になるのはスマホの誘惑です。

ついつい、本ではなくスマホに手が伸びてしまう。

そんなときは、スマホの電源を落としましょう。

それは、連絡がきた時に困るという方は、カバンの中に入れてしまいましょう。

とにかく、スマホを触るためのハードルをあげ、本を読むハードルを下げるのです。

それができるなら、なんでもOKです。

時間が気になってしまう方は、時計を隠すのも良いと思います。

私も、作業するときはあえて、腕時計を外します。

腕時計をしていると、どれくらい時間が経ったのか気になってしまうんですよね。

作業する場所を変えるのもありだと思います。

まとめ:目標→休息→環境を変えるのサイクル

やる気はあるけれど、集中力がないときはまず、

1小さな目標を立てる
2一旦、休む
3環境を変える

このサイクルを繰り返して私は集中できるようになりました。

特に3番は効果的だと思います。

やる気があるのに、脱線してしまうとやる気すらもなくなるので気をつけたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました