肩の力を抜いていこう!植木等「余裕がありゃこそ」の魅力

余裕がありゃこそのシングル 音楽

植木等とクレイジーキャッツは心の癒し。

無責任一代男もだけど、植木等さんにはフッと肩の力を抜く大切さを教えられます。

私は「余裕がありゃこそ」の歌詞が大好きなので、肩肘張りそうな時に聞いています。

余裕がない時にはムカつくが、余裕があるときは聞いてて楽しい

余裕がありゃこそのシングル

めん玉釣り上げ 歯をむき出して
ムキになって 励んでみても
デカイことは出来ぬ

目ん玉釣り上げて 歯をむき出した経験はないけど、必死になっている時ってそんな感じですよね。
形振り構ってられん時って、人間の表情って面白いし、文章にされるとかなり煽られているのですが、植木さんが歌えばイヤミがなくなります。

植木さんというキャラクターだから許されているので、一生懸命に頑張っている人にそういうこと言っちゃダメだからね。

セリフ部分の「コリャ、ムヅカシイ問題だよ」とか、完全に煽りに来てますからね。

余裕があるから 気楽にいける
気楽に行くから ゆとりもできる
余裕があるから チエもでる

なんにせよ、余裕がないと始まらないのである。
一生懸命になるのは良いことなんだけど、周りが見えなくなるんですよね。

切羽詰まった時、緊急時に冷静になれる(=余裕を持っている)人って限られているんですよ。

私もそうなんですが、切羽詰まっている時は一点集中で、とにかく目の前のことを解決しようと試みます。
傍目から見ると、解決策が目の前に転がっているのに本人気が付かないという状況は往往にしてあるのよ。

さらに悪いことに、人から解決策を提示されても、突っぱねちゃうんですよね。
「違う、そうじゃないんだ」とか言ってね。

はい、私のことです。

まさに余裕がありゃこそ

人の意見を真摯に受け止めるのも、自分のことを客観的に見るにも、余裕がいるのさ。

そこで一発余裕を持とう

植木さんの声で言われると、肩の力が抜けるから良いんですよね。

セリフ部分とか、余裕があるというか、なんというか、1つ上のポジションから言われているのに嫌な気分にならない。
植木さんのキャラクターだからこそ、常に余裕を持っているという植木さんから言われるから良いのであって、違う人間に言われたら、やっぱり嫌かも。

余裕がないのかもね。

まとめ:わかるかなー、俺の言っていることがさー

みんな頑張りすぎじゃない?
「もっと上に」って上昇志向を持った人も好きだけど、余裕を持とうぜ。

上ばっかり見てると、首が痛くなるよ。

別にそれやらなきゃ死ぬわけちゃうでしょ。
こだわりが強いというか、なんというか。

肩の力を抜いて、余裕を持つのも良いよってことをこの歌は教えてくれます。

バブル期の余裕でしょとか思わないで、今一生懸命になって追い詰められている人に聞いて頂きたい。

[amazonjs asin=”B0006M195W” locale=”JP” title=”結成50周年 クレイジーキャッツ コンプリートシングルス HONDARA盤”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました