貯金の仕方を身に付ける3つ為に実践した3つのポイント。無理なく貯めるための最低限の事!!

貯金の仕方 貯金・節約

収入の多寡が貯金成功の決定的差ではないという事を教えてやる。

貯金をできるかどうかって、収入の多い少ないよりも、その人の生活習慣に左右されるもんじゃないかなと思っています。

貯金は一度仕組みを作ってしまえば、誰でも継続できる物です。

今、貯金が全くない方でも生活習慣を見直せば、ズボラでも何でも貯金ができるようになります。

この記事では、私が学生時代にバイト代だけで100万円の貯金を達成する為に実践したポイントをご紹介します。

お給料を自動的に貯金に回す仕組みを作る

貯金を始めようとして

「今月から節約だ!」と意気込んだものの、結局月末になったらお金が残ってない。

これが、貯金を始める前の私の状態でした。

毎月の残ったお金から貯金をしている限りは絶対に貯金できません。

大切なのは、決意をする事ではなく、絶対に実行できる環境を設定してやる事でした。

ですから、お給料が入ったタイミングで貯金専用口座に毎月貯金したい額を振り込むことにしました。

貯金を始めるタイミングに最適なのは、お給料が振り込まれた瞬間。

これに気が付いてからは貯金が自動的にできるようになりました。

生活して残ったお金を貯金するのではなく、貯金して残ったお金で生活できるようになりましょう。

節約は大きな塊(固定費)から始める

毎月の貯金額を増やす為には節約することも考えねばなりません。

節約で浮いたお金を貯金に回すことができれば、その分早く目標に到達できます。

では、節約を何から始めるか?

私は節約の優先順位を次のように決めました。

節約の優先順位1.固定費
2.使った記憶のないお金(使途不明金)
3.使って後悔したお金(無駄遣い、衝動買い)
4.自分の好きな物の為に使うお金

大切なのは毎月の支出の中で大きなものから節約していくこと、自分の好きなものにかけるお金の節約は後回しにすることです。

固定費は貯金を始めたのが実家暮らしの学生の頃でしたので、スマホ代くらいしか節約代はありませんでしたが大きな効果が出ました。

また、自分の好きな物にかけるお金は最後まで節約しなかったので、我慢して節約という感じがしなくて無理なく貯金に励めました。

ネット銀行を徹底的に利用する

貯金をするなら、まず貯金専用の銀行口座を持つことをお勧めします。

そして、貯金専用口座はお給料が振り込まれる銀行口座とは違う口座にしましょう。

私もですが、お給料が振り込まれる口座は頻繁に使用する口座の1つです。

貯金と普段使いの口座が一緒だと、「これくらいなら、大丈夫」と不要な出費につながります。

給料用と口座を分けるメリット・給料と貯金が混ざらない
・銀行から引き出す時の誘惑が少なくなる

そして、貯金専用の口座を持つならネット銀行をお勧めします。

ネット銀行は振込手数料が無料になっている場合があります。

私の利用している住信SBI銀行では回数に関係なく他の銀行口座からの振込は無料です。

ネット銀行を貯金専用口座にするメリット・振込手数料が無料の銀行が多い
・通帳がないので、いつの間にか貯金ができている
・定期預金の金利が良い

銀行口座はたくさん有れば良いという訳ではありません。

個人的には4つが限度かなとも思います。

404 NOT FOUND | ペンを持ったペンギン
きっと誰かの何かの支え

しかし、貯金専用口座を持つと貯金が成功する確率はグッと上がるでしょう。

収入の多寡が貯金成功の決定的差ではないという事を教えてやる!

この記事で紹介した方法をまとめます。

貯金の仕方を身に付けるポイント

・先取り貯金
・固定費の見直し
・ネット銀行の開設

そう、貯金をするのに抜け道や近道はありません。

コツコツ地道に堅実に貯金をするしかありません。

しかし、一度決めた道を歩いていくだけです。

この貯金の一本道から踏み外れなければ、誰でも簡単に貯金はできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました