貯金のコツは3つだけ。誰でも簡単に貯金を習慣にできる方法

貯金をしよう、そう漠然と考えていませんか?

私も学生時代に100万円を貯める!と決意した時以外は

「なんとなく不安だから」
「貯金した方が良さそうな気がする」
「何かあった時の為に」

と、貯金に対して漠然としか考えていませんでした。

そんな思いで始めた貯金というのは長く続かないんですよね。

そこで、私が実践して実際に効果があった、やっていて楽しかった貯金のコツを3つお伝えします。

どうしようもない学生だった私でも貯金を習慣にできたので、あなたもきっと貯金を習慣化できますよ。

貯金は地道にコツコツが王道

貯金は地道にコツコツと

貯金といえば地道にコツコツと進めていくものだと考えていませんか?

私は「地道」「コツコツ」が嫌いだったので、貯金するための最短ルートを探していました。

そして、貯金をする最短ルートはやはり、地道でコツコツだったのです。

案外、皆がいう事は本当なんですね。

ただ、楽しく貯金をする為に色々と考えて実践してみました。

楽しく貯金するコツは、貯金後の生活を考えること

貯金の成功イメージ

何をするにも目的があるのとないのでは大きく違います。

貯金は長期戦です。

多くの人にとって一生続くものだと思います。

貯金のモチベーションを保つにはどうすれば良いのでしょうか?

貯金を楽しむコツは貯金をしている時に、貯金後の目標の生活をイメージするのです。

自分のやりたい事を考える

貯金に成功したら

貯金が成功したら、そのお金で何がしたいですか?

例えば、海外旅行や、車の購入もあるかもしれません。

はたまた、老後のためというのもありそうですね。

貯金をした後のお金の使い道を考えている方は多いと思います。

ただ、もう一歩踏み込んでみると貯金のモチベーションを保つことができます。

それは、実際にその生活をしている自分をイメージすることです。

海外で英語を話しながら生活する様子や、新しい車に乗ってお出かけする。

静かな老後を過ごしているそんなイメージです。

顔が自然と緩み、笑顔になってきませんか。

貯金する目的は決まっていても、実際にその生活までイメージしている人は少ないと思います。

貯金をしている時に、貯金後の目標の生活をイメージすることが貯金を楽しむためのコツです。

目標金額と期限を決める

貯金の締め切りを決める

楽しく貯金をする為には目標金額と期限を決めるのがオススメです。

目標金額と期限を決めることで、貯金をゲーム感覚で行えるようになります。

まず、やりたい事が決まったら貯金の目標額を決めましょう。

この時に決めるのは金額だけでなく、期間も決めておくと良いです。

○月までに〇〇円貯金する!という感じですね。

目標金額の決め方は、今の生活にかかっているお金を計算すると決めやすいです。

貯金の期限は決めておかないと、ズルズルと貯金を行うことになり、消耗戦になるのを防ぐ目的があります。

貯金する金額を増やすのがコツ

貯金するお金を増やす

毎月、コツコツが貯金の王道です。

しかし、貯金する金額を増やせばその分貯金の目標金額に到達するのが早くなります。

目標金額に近づいているという感覚が強ければ強いほど、貯金のモチベーションは保ちやすいです。

そして、貯金も成功しやすくなります。

貯金する金額を増やす為にはまず、以下の二つの事を実践してみてください。

・生活の余剰資金を見つける
・毎月の出費を一定にする

余剰資金を見つける

今の生活で呼ぶんだなと思っている事はありませんか?

例えば、

・スマホの料金が高い
・衝動買いして、着ていない服
・過度なお菓子

などです。

上に挙げたものは実際に私が自分の生活を見直して気づいた生活の余剰です。

スマホの料金が高いなら格安スマホに変更しましょう。

スマホなど、毎月払うお金(固定費)を縮小できれば、一気に貯金がしやすくなります。

と言うのは、毎月支払うお金は一度下げると、ずっと余剰資金が流れてくることになりますよね。

その分、貯金に回せるお金が増えるのです。

無駄遣いだとは言い切れませんが、服やお菓子代もバカになりません。

特に私は服装に興味がないのに、人から勧められると自分が好きじゃない服を購入してしまいます。

お気に入りになれなかった服って二度と着ないんですよね。

だから、服を買うのは季節の始めと決めて、好きな服だけを一度に買うことにしています。

服を買うためのお金をそれ以外の付きで貯めておくのです。

お菓子もあると食べたくなるので買わないのが一番ですが、小腹を満たしたい時もありますよね。

ですから、過度な買い物をしないようにしています。

毎月の出費を一定にする

貯金をするなら、節約!と思いがちですが、節約より効果的なのが、出費を一定にすることです。

先月、何にいくらお金を使ったか覚えていますか?

私は覚えていませんでした。

一番良いのは家計簿をつけておくことです。

そして、何にいくら使ったを知る事ができたら、月の初めにお金を仕分けします。

〇〇用、△△用と仕分けをします。

私は別にお金を小分けの袋に入れる必要はないと思っています。

ただし、「何にいくら使う」これだけは決めて、その中でやりくりします。

もしも、仕分けしたお金が余ったら、貯金に回しても良いですし、自分へのご褒美としても良いかもしれませんね。

先取り貯金をする

先取り貯金のイメージ

貯金を成功させる為には先取り貯金が欠かせません。

残ったお金を貯金するで、貯金を成功させるのは超人だと思った方が良いでしょう。

私たちは目の前にお金が残っていると使い切りたくなるのです。

そう言う特性を持っているので仕方がありません。

だから、先取り貯金をするのです。

銀行口座を複数持つ

先取り貯金をする為に、まずは銀行口座を複数持ちましょう。

私が利用しているのはソニー銀行と住信SBI銀行です。

私はネット銀行を利用していますが、

ゆうちょ+メガバンク
メガバンク+信金

などの組み合わせでも良いです。

複数口座を持つことのメリットとデメリットはありますが、とにかく、2つ以上の銀行口座を持ちましょう。

そして、「使う口座」と「貯める口座」に分けるのです。

貯金用の銀行口座はネット銀行にしよう

ネット銀行のイメージ

私がネット銀行をオススメするのは以下の理由です。

・ATMが少ない
・金利が高い
・自動化できる

詳しくは100万円を貯めるには先取り貯金が必須!ネット銀行を上手に使おう!にも書きました。

一見、不便に思えるATMが少ないというのも、貯金の観点で見れば、お金を引き出す可能性をグッと引き下げてくれます。

何よりの魅力はお金の振込を自動化できることですね。

私は住信SBI銀行を利用していますが、自動振込にするだけで毎月30ポイントが手に入ります。

多くのネット銀行は無料の自動入金サービスがあります。

貯金を自動化することで、貯金する意識を下げる事ができ簡単に貯金ができます。

まとめ:貯金を楽しくする為に自動化しよう

貯金を楽しく続けるコツは

「自分の知らないところで自動でお金が貯まる仕組み」を作る事です。

自動化する為に、毎月の収支を調べてあげるのです。

最初は手間かもしれません。

しかし、一度仕組みを作ってしまえば、誰でも簡単に貯金ができるようになります。

ぜひ、この三つのコツを実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました