計画が生死を分ける!?貯金目標額を決める3ステップ!!

貯金の目標を決める! 管理人の日記

貯金を始めるなら、絶対にやっておくべき事があります。

それが、貯金の計画を立てる!という事です。

収入の多寡よりも、家計簿をつける習慣よりも、何よりも大切なのが貯金の計画なのです。

貯金目標額の決め方

この記事では、毎月の貯金額を設定するまでの手順を3つのステップに分けてご紹介します。

具体的には以下の3ステップです。

1.決めるのは金額ではなく目的
2.「もしも…」に備えるには1ヶ月の支出をチェック
3.締め切りから毎月の貯金額を決定!

「計画のない目標は、ただの願い事に過ぎない」と星の王子さまの作者も言ってます。

決めるのは金額ではなく、貯金した後の使い道

目標金額を決めようとすると私たちは「数字」を追いがちです。

しかし、本当に決めるべきは貯金した後のお金の使い道です。

大切なのは「貯金をした先に自分は何がしたいか?」の質問に答えられること。

そこで初めて貯金の目標金額が決まるのです。

車(新車)が欲しいのに50万円を目標にする訳はないですよね。

逆にブランドバッグ買う為に1000万円を目標にする必要はないのです。

お金は手段!あくまでも手段です!

だから、貯金をした後のお金の使い道を決めるのです。

「もしも…」に備えるには1ヶ月の支出をチェック

貯金を始める理由に「何かあったときの為の備え」を蓄えたいという気持ちがあります。

いわゆる「もしもの備え」です。

私もどちらかというと不安先行型人間なので「もしも…」に備えたくなる気持ちはよくわかります。

「もしも…」に備えて貯金をするなら、1ヶ月だけ自分の支出をチェックしてみてください。

家計簿をつけるも良し、スマホアプリを使うもよしです。

個人的には、これをきっかけに家計簿をつけ始めることをおすすめします。

締切から毎月の貯金額を決定

使い道から目標金額を決めたら、あとは締切を決めます。

いつまでに?という部分です。

5W1Hならwhenの部分です。

締切を決めるポイントは「1年以内」に設定することです。

1年以内にすることで、モチベーションの維持になります。

「1000万貯めたいんだけど…」という、そこの大富豪!

1年で100万円を10回に設定しましょうかね…。

確実に貯金を成功させるなら先取り貯金

目標金額が決まり、締切も設定できたなら毎月の貯金額は先取り貯金をしましょう。

毎月のお給料から真っ先に貯金へお金を回すのです。

先取り貯金の良いところは一度の設定であとは放ったらかしで良いという点です。

しかも、残ったお金を貯金する方法と違い確実です。

おすすめはネット銀行です。

ネット銀行は自動入金のサービスが無料の場合が多いので、お給料の口座とは別の口座を持ちたい場合は最有力候補になります。

まとめ:貯金額はたくさん有れば安心というわけではない

この3ステップなら、目標があって貯金をしたい場合も、「もしも…」に備えたい場合も対応できると思います。

貯金を始めるにあたり目標金額を設定することは大切です。

大切ですが、貯金(お金)は沢山あれば安心というわけではありません。

自分の生活水準を犠牲にしてまで貯金、節約に励むといつかリバウンドします。

ほどほどに楽しみながら貯金をしましょう。

自作で家計簿を作ってみたい方はこちらの記事をご参考に!

404 NOT FOUND | ペンを持ったペンギン
きっと誰かの何かの支え

貯金の仕組みを作りたい方はこちらの記事がおすすめです。

貯金の仕方を身に付ける3つ為に実践した3つのポイント。無理なく貯めるための最低限の事!!
収入の多寡が貯金成功の決定的差ではないという事を教えてやる。貯金をできるかどうかって、収入の多い少ないよりも、その人の生活習慣に左右されるもんじゃないかなと思っています。貯金は一度仕組みを作ってしまえば、誰でも継続できる物です。今、貯金が全

コメント

タイトルとURLをコピーしました