スリランカの青年に元気をもらった話

駐車場 異文化交流
駐車場

何かと外国人から声をかけられやすい体質でして、半年に一度くらいは道を訊かれます。

最近は外国人観光客も増えてきてるのと、名古屋という地域的にも外国人が多いというのもあるんでしょうが、岐阜に住んでいる時から話し掛けられるので、私のどこかに隙があるんでしょうね。

その日も名古屋駅で電車に乗ろうと思ったら外国人の男性に話しかけられました。

どうやら、行きたい駅があるけどどの電車に乗っていいかわからない様子。

「インザワ、インザワ」と言っているので、それらしい地域名を脳内検索。

最初、金沢のことを「キンザワ」と読み違えて、それが「インザワ」と聞こえているのかと思って、兼六園の写真を見せたりしたけど、どうにも違う様子。

相変わらず「インザワ」言ってる。

彼は日本語を少し話せるようで、専門学校やオープンキャンパスと言ったことを伝えてくれる。

なんだ?どこだ?って思っていたら、トヨタの専門学校へ行きたいらしい事がわかった。

トヨタの専門学校?インザワ?

インザワ?稲沢か!

稲沢の事か!と気が付いたのは電車が来る5分前!

ちょっと感動したわ。

お互いに理解できたところで意気投合。

彼はスリランカから「国際ビジネス」を学びにきたスリランカ出身の20歳という事がわかった。

半年前に日本に来て、今は日本語学校で日本語を学んでいるらしい。

えっ、すごくない。たった半年でこんなに日本語話せるの。

私、中学校から大学まで10年以上英語勉強していたけれど、ハローとサンキューくらいしか自信ないよ。

やっぱり、日本きて勉強したい!って人は努力と気合が違うんだなーと実感した。

そして、4歳年下の彼ができるなら、自分もまだまだ努力すればなんとかなるんじゃないかと元気をもらった。

頑張っている人を見るのが一番元気をもらえるね!って話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました