完璧は目指さない!!そこそこ貯金のすすめ。

貯金好きですが、声を大にして言いたい事があります。

節約とか、家計簿って正直めんどくさい!

買い物の度に、家計簿とお財布の中身を確認する生活に慣れてきたとはいえ、サボってしまう事もあります。

そこで私が目指し始めたのが「そこそこ貯金」です。

そこそこ貯金のポイント

私が実践しているポイントは3つだけです。

実践しているポイント

支出は全て固定費にする

月末の残金は全てへそくり口座へ入金

貯金は無理ない範囲で先取り貯金

それぞれのメリットをお伝えします!

支出は固定費だから、家計簿は毎日つけなくて良い

継続は力なりと言いますが、お金の勘定を毎日できるかと言ったら、ほとんどの場合出来ません。

だから、家計簿を毎日書かなくて良い方法を考えました。

それが「支出を固定する」ことでした。

「そこそこ貯金」最大のポイントです。

電気、水道代など毎月変動するものは少し多めの金額を見積もって小分けします。

そうして整理した金額をまとめると毎月必要な金額と、自由に使える金額がわかります。

次は自由に使えるお金の固定化です。

これは、お小遣い制のを取るのが手っ取り早い方法です。

一人暮らしでも、お小遣い制にするメリットはあります。

お小遣い制のメリット

使いすぎが防止され、精神的に楽になる

欲しい物はお小遣いの中から買う基本が身につく

毎月の生活レベルを一定にできる

月末の残金は全てへそくり口座へ入金

支出を固定化すると困るのが毎月の残金です。

実際の支出に対して多めの金額を設定しているので、毎月1000円くらいそれぞれの固定費で残金ができます。

そこで、残った金額はへそくり口座を開設して入金しましょう。

へそくり口座のは突発で現金が必要になった時や、固定化された支出で賄いきれない時のバッファの役割を持たせます。

もちろん、自分の趣味の物にお金を使うのも、良いですがそれは趣味口座に任せましょう。

へそくりはへそくりです。

日常的、でも突発の支出に備える仕組みがあると貯金が長続きします。

貯める専用貯金は先取り貯金で確実に

老後の蓄えなど、長期間使う予定のないお金、でも必要なお金は先取り貯金で貯めていきます。

やはり、貯金は先取り貯金が手堅いです。

自分の為のお金を最初に使う事ができるので、目標貯金額に到達しないリスクを抑えられます。

また、貯金額を一定にすることで先々の貯金額、お金の使い道も計画を立てやすくなります。

やはり、貯めるだけでなく使うのもお金の魅力ですからね。

計画的に浪費する為には先取り貯金は必須です。

肩肘張らず、そこそこ貯金を楽しもう!!

お金の事は難しく考えようと身構えてしまいがちです。

でも、お金のプロではない私達がお金のことに関して徹底的に完璧を追求するのには無理があります。

だからこそ、勝手にお金が貯まる仕組みを作ることが大切なのです。

毎日お金と向き合わなくても、余裕を持った生活を送れるのがベストです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました