一人暮らしの新社会人が1ヶ月に必要なお金を計算してみた

買い物・ショッピング

社会人になって初めて一人暮らしを始めました。

一人暮らしは楽しそうだけど、お金の不安も付きまといます。

そこで、新社会人の私が実際に必要なお金を計算してみました。

すると、ざっくり15万円は必要という結果になりました。

内訳は大きく分けて

・税金と保険料
・居住費
・娯楽費

でした。

新社会人に必要なお金の内訳:税金と保険料

日本国民の三大義務は「教育」「勤労」「納税」です。

働くということは税金を納めることから始まるのです。

辛いですね。

気を取り直して、新社会人が支払う税金は所得税、保険料は健康保険料、厚生年金料、雇用保険料です。

税金と保険料の合計は大体3万5000円前後です。

私の働いている会社は労働組合費が5000円なので、合計すると4万円ですな。

ここでは計算に入れませんが、2年目からは住民税も払う。辛い。

初任給20万円あっても手元に残るは15万円という辛さ。

1/4を税金と保険料(と組合費)の支払いに当てることになります。

新社会人に必要なお金の内訳:居住費

住むところがなけりゃ、生きていけません。

家賃:5万円(地域によって大きく違う)
電気・ガス・水道代:1万円
通信費(スマホとインターネット):1万5000円
食費:3万円

合計すると約10万円といったところか。

ふぅ!生きて行くだけで給料の半分が吹き飛ぶぜ!

私は格安simを使っているので、通信費は1万円削れますがそれでも9万円は必要です。

すげーな、世の新社会人。苦行だな。

新社会人に必要なお金の内訳:娯楽費(生活費)


ここまで読まれた方はお気づきでしょうか?

はい、残り5万円です!

遊びに使うお金も、先輩と飲みに行くお金も、自己投資も、貯金も、病気になった時も!

自転車がパンクしても!

この5万円で生活してくださいね!

きゃっほーい。無理ゲーだぜ。

だって、自転車のパンク修理で1万円必要だったんだよ。(メンテ不足)

私、実際に計算してるじゃないですか。

給与明細と家計簿を睨めっこしながら電卓叩いてたわけですよ。

「いくら、必要なのかしら?」なんつって。

税金と保険料の計算をした時に笑みが無くなり、居住費を叩く手は震えましたよ。

薄々感じてはいたんです。

この恐怖を。

毎月の手取りから概算して、怖いなとは思っていたんです。

正直、計算結果を見たくなかったところもあるよ。

いやー、数字と向き合うのって怖いね。

現実をね、バーンと突きつけられるよね。

新社会人が貯金するとか正気の沙汰ではない


社会人になったら貯金をしなさい。

口すっぱく、耳にタコができるまで言われると思います。

でもさ、正直無理じゃん。

たまには、美味しい外食も食べたいし、映画も観に行きたい。

本も読みたいし、資格の受験だってしたいじゃん。

女性だったら化粧品とかも必要になるよね。

となったら、5万円では絶対に足りない。

私はここから貯金するのは無理だと思うよ。

娯楽費を3万円に抑えればギリいけるけど、楽しくないぜ。

3万円で一ヶ月の娯楽を乗り切るのは不可能です。

私、ソシャゲもしない、車も持っていない。

休日は図書館で本を読む、勉強をする。

通勤は自転車。

好きな娯楽は映画館に行くこと。(月一)

飲み会は極力避ける(月一あれば多い)

もうね、昭和初期の苦学生みたいな生活してるんですよ。

それでもね、気づいたら3万5000円くらいはお金使っているのよ。

やれ、パンク修理だ。

資格の受験料だ。

参考書だ。

真面目にキャリアアップをしようとしているだけなのに、お金がなくなっていくの。

不思議じゃない?

まとめ:堅実に無駄なく行きていこうと思います。

一人暮らしの新社会人は貯金は無理!

多くても毎月1万円くらいしか貯金できないよ。

だって、日本で生活しようと思ったら、最低でも15万円は必要なんだから。

そこに自分の趣味や、自己投資のお金をつぎ込んだらお給料の20万円はあっという間になくなるの。

それでも、今の生活に無駄があると思うから節約をしていくんだけどね。

堅実に生きていこうと思います。

貯金は少額でも確実に進めていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました