大学生が人生で初めて100万円を貯めて思うこと

大学生が100万円貯金した話 管理人の日記

大学生活の中で100万円の貯金を作りました。

大学2年生の頃から貯金を始めて、3年生の12月に100万円を達成しました。

大変だと思うこともありましたが、充実していたのも確かです。

実際に100万円を貯めたからこそ分かることもありました。

100万円を貯める為に大学生はどんなことをしたのか、なんとなくでも貯金に興味のある方に読んでいただきたいです。

大学生にとって100万円は大金!

100万円の貯金

みなさんにとって100万円という金額を貯金するというのは

「よく貯めたね、すごい」
「100万円くらい普通でしょ」
「たいしたことではないよ」

どれが一番近い感情でしょうか?

私にとって100万円は大金で、だからこそ貯金を始めるときに目標にした金額です。

小学生の頃、友達と「約束破ったら100万円な!」といっていた記憶はありませんか。

小さなころ100万円というのは想像もできない金額でした。

成人した大学生にとっても100万円は大金ですけれど。

(社会人になりましたが、相変わらず100万円は大金ですね。)

ある女性との出会いが貯金を始めるキッカケになった

黒の長い髪でめちゃくちゃ可愛い女の子と出会って、「この子と結婚するんだ!」とそんな話はありません。

ただ、バイト先のお客さんの一人に出会えたことがお金について気にかけるきっかけでした。

その女性の生き方、お金に対する考え方が自分には全くなかったもので、「こんな風に生きたい!」と思いました。

その女性は経済的に自立していました。

海外旅行に行くのが楽しくて、世界中のイケメンと写真を撮るのが今の目標だと話していました。

お金持ちの考えていることはよく分かりません。

ただ、私も楽しそうに生きる彼女に憧れてしまったのです。

お金の価値観を変えたある女性との出会いで詳しく書いていますので、もし良ければ読んでください。

その彼女にまずは「貯金をしてみたら」と言われたのがキッカケです。

100万円を貯める為にバイトを増やしたけど、つらみが深い

大学生がお金を稼ぐ方法で一番最初に思いつくのはアルバイトです。

100万円の貯金をしている時、私は3つのアルバイトを掛け持ちしていました。

大学時代に掛け持ちしたアルバイト

・塾講師(時給1300円)
➡︎理系大学生が塾講師をやって思ったこと
・事務(時給1000円)
・トレーニングジムの受付(時給800円)

3つのアルバイトを掛け持ちすると、どうなるか。

多分お気付きですよね。

「時間がないからしんどい」のです。

貯金の為にバイトまみれになると

・しんどい(精神的、肉体的疲労)
・自由な時間がない(=趣味の時間がへる)

ネットに書かれている楽に稼ぐ方法は自分には使えそうもなく、自分なりにお金について勉強もしました。

講義の合間に大学で事務のアルバイトをして、帰ってきたら塾へ行く。

そして土日はトレーニングジムで受付業務。

何も特徴のない大学生が100万円を貯めるにはアルバイトにかける時間を増やすしかありません。

でも、アルバイトの時間が多くなる=自分の時間がなくなる ということです。

実家暮らしで家族の助けがあったから、できたと思います。

しかも、奨学金を借りることなく、大学に通わせてもらえたので、稼いだアルバイト代は完全に自分のものです。

正直、奨学金を借りている状態なら勉強に打ち込んでいたほうが良いとも思います。

幸運なことに私は大学生のうちに100万円を貯めるチャンスをもらえました。

そして100万円を貯める経験から学んだのは、「なにもしない時間の大切さ」でした。
私には「なんとなくボケーとする時間」が必要なんだなと知りました。

アルバイト(=仕事)のことばかり考えていると、イライラします。

生活の中で、休める時というのを見つけるのが難しくなって、時間に追われるようになります。

けれど、これも「大学生のうちに100万円を貯める」という経験をしたからこそ、
私には「忙しく働く限界がある」ということを知れたのだと思います。

でも、楽しかったのも確かです。

100万円を貯めるためにお金の計画を立てたり、少しずつ目標の金額に近づいて行く充実感は気持ちの良いものです。

そしてお金について考える時間が自分にとって楽しい時間ということもわかりました。

大学生が100万円貯金してみた感想

・お金を貯める事は結構楽しい
・何もしない時間の大切さ
➡︎何もしないことが好きな私が何もしないで手に入れた事

大学生が貯金を成功させるために実践した事

結局、大学生がお金を稼ぐ手段というのは、特別なスキルがない限りはアルバイトになると思います。

稼いだアルバイト代をいかに貯金に回すか。

そして、大学生活に必要なお金を確保するかです。

大学時代に貯金を成功させる為に実践したこと、やらなかった事という記事を参考にしていただきたいのですが、結局はお金と向き合う時間を増やす事が大切でした。

私が大学生が貯金を成功させるために必須だと感じるのは、以下の3つです。

大学生が貯金を成功させるために…

・家計簿をつける
➡︎エクセルで家計簿をつけることのメリット・デメリット
・お金の流れを整理する
➡︎家計簿をつける前に!お金の流れを書き出して、家計を可視化してみる
・貯金に限らずお金の勉強をする

100万円を貯めて思う、お金を稼ぐことの大切さ

私の100万円を貯める目標に「貯金とはどういうものか知る」というテーマがありました。

テーマや目標と言うにはザックリ、大雑把ですね。

私は貯金が「大変だけど、楽しいもの」という感想を持ちました。

アルバイトに時間を取られましたが、単位を落としてはいけませんから、貯金をしていなかった頃よりも、テスト勉強を頑張った気もします。

100万円を貯めることで、お金を「稼ぐこと」が「私の楽しいこと」の1つであることがわかりました。

お金が貯まっていく様子を見ているのも楽しいのですが、「どうしたら無駄なく仕事ができるか」と考える方が私には楽しいことだったのです。

そもそも、私には忙しく働くには限界があるので、どうしたら自分に負荷が少なくバイトができるかな?と考えるようになりました。

バイトの手を抜いていたわけではありませんが、休めるときは休むスイッチができたように思います。

貯金について学んだことは「入ってくるお金を増やすほど、貯金は簡単」だと言うことです。

当たり前のことなんですが、貯金をするにはまず、毎月お金が入ってくる必要があります。

1年間で100万円を貯めるなら、最低でも1年間で100万円を稼ぐ必要があるんです。

だから、収入が多いほど貯金は簡単になるんじゃないかなと思います。

貯金というと、節約して、欲しいものは我慢して…

という、マイナスのイメージがありました。

でも、貯金をするにはお金を稼ぐ方法を学ぶ必要があることが分かりました。

大学生のアルバイトは時給でお金がもらえます。

でも私は時間をお金に変えるのには限界があると思ったのです。

収入が時給ベースの考え方ではどこかで頭打ちになる気がしてなりません。

お金を稼いだら、やっぱり遊びたいし、休む時間も必要です。

仕事モードと休憩モード二つを切り替えないと心が擦り切れます。

時給以外でもお金を稼げるシステムを作れるのが一番でしょうね。

やっぱり株とか、不動産投資とかですかね。

お金の稼ぎで貯金は簡単になる

・節約より、稼ぐお金が重要
➡︎収入を増やして貯金額をあげよう!
・貯金の成功は仕組みづくりで決まる
➡︎貯金の成功には不可欠!先取り貯金を続けてわかったメリット・デメリットを解説する!
・お金を稼ぐ仕組みを作れたら最強

100万円を守る男

貯金をしている段階で投資してみようと考えてみたのですが
いざ行うとなると尻込みしています。

とりあえず、思ったことの箇条書きです。

・貯めたお金を使いたくなくなる
・毎月貯金に回していたお金の使い道がわからない
・お金に対する謎の安心感
「帯封って銀行で見れるのかな」という疑問
金利とか知りたい

こんな感じ。

でも、大きなお金があるという安心感は良いものです。

「いざ」ってときにお金で悩まなくていい安心感ですね。

貯めてお金を使いたくなくなるのはよくあることだと思います。

そして、貯金に回していたお金の使い道をどうするか。

個人的にはここら辺で自分の人間力のようなものが試される気がしますので、まずは定期貯金に回しました。(守ってますね)

最終的には投資信託に預けています。

まとめ:100万円の使い道がわからない

100万円を貯めると「次にお金を使う目的がわからなくなる」ということがわかりました。

本当のところでは社会人になると100万円の貯金では、今と感じ方が違うとも考えています。

でも、子供の頃のように「お金がたくさんあったらなんでも買える」
という感情は驚くほど無くなります。

計画性がついたのか、今の生活に満足しているのか。

どちらもあると思いますが、熱烈に欲しくて100万円が必要というものは現時点では湧いてきませんね。

大学生が貯金に真剣に取り組んだ結果でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました