【意外に簡単】iTunesを使ってiPhoneのバックアップを取る方法

iphoneのバックアップを取る PC・スマホ・タブレット

iPhoneを使用し始めて驚いたのが、バックアップの取得方法がめちゃくちゃ簡単だという事でした。

iPhoneのバックアップを取る条件は

iPhoneのバックアップを取る条件iTunesがインストールされたパソコン

wi-fiがある環境

だけです。

とりあえず、iTunesをインストール

MacでもWindowsでもパソコンにiPhoneのバックアップを取得するためには、iTunesは必須です。

iTunesはアップルの公式HPからダウンロード可能です。

Apple製品を持っていれば、ダウンロード必須なソフトですので、iPad、iPhoneを持っていて、まだインストールされていない方はダウンロードして下さい。

iTunesとiPhoneを接続する

iTunesとiPhoneを接続する方法は2通りあります。

iTunesとiPhoneを接続する方法1.ライトニングケーブルを使用して有線で接続

2.同じネットワークのwi-fi環境で無線で接続

無線で接続できるのが大きなメリットですが、もちろん有線で接続する事も可能です。

特に2016年以降のMacBook、MacBook Pro、MacBook AirはUSB-TypeCの為、iPhone購入時に付属しているLightningケーブルではMacとiPhoneを直接接続できません。

家にwifi環境がある場合は、無線の方がお手軽です。

チェックマークをつけて、いざバックアップ

iTunesとiPhoneの接続が完了したら、いざバックアップです。

その前に以下の2つの項目にチェックを入れましょう。

・手動でバックアップを取得
・バックアップを暗号化

この状態で画面右下の「同期」をクリックすれば、後は自動的にバックアップを取得できます。

バックアップの取り方

秒で終わるのでTfalでお湯沸かして、まったりする必要はありません。
バックアップの最中

iPhoneの機種変更前だけじゃなく定期的にバックアップを取ろう

iPhoneはiCloudでも、バックアップを保存できますが、無料の5GBでは容量不足になります。

iCloudを頻繁に使いこなす方なら課金も良いですが、毎月課金なのでお財布を圧迫します。

だから、パソコンにiPhoneのデータをバックアップしておいて、不足の事態に対応しましょう。

iPhoneも防水機能無い6s以前のモデルから事故率は下がっていると思いますが、心配性の私は月一くらいの頻度でバックアップを取っています。

iPhoneのバックアップは、すぐに終わるので手間が無いというのも大きいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました