気合いで乗り切れ!誰一人英語を話せない我が家のホームステイの受け入れ体験記

ホームステイ受入れ体験記 管理人の日記

英語を話せる人間が居ないのに、ホームステイの受け入れをした体験談です。

私は大学生時代にアメリカの高校生を受け入れ、ホストファミリーになる経験をしました。

私の経験が少しでもお役立ちできるように記事にしました。

相手を喜ばせるとか、ホームステイの準備がわからないという方はこちらの記事を参照してください。

「英語は必要ない!ホームステイの受け入れで準備しておくこと・喜ばれたこと」

ホームステイを受け入れることのメリットが気になる方はこちらの記事を参照してください。

「短期ホームステイの受け入れで得られた我が家のメリットと受け入れ時のデメリット」

この記事は受け入れをした時の気持ちを書いています。

我が家の英語の実力

私は全く英語が話せません。

もちろん、海外に行った事もなく、センター試験の時に勉強した英語力しかありません。

要は、学校で習っただけの英語力です。

今振り返ると、よく、ホームステイの受け入れをしたなと思います。

そして、家族。

両親も新婚旅行で海外に行ったきり、海外に行ったことはなく、姉も同じく大学受験レベルの英語力です。

祖母はなぜか、100均で昔購入したであろう、本を読んで英語の勉強をしていました。

ホームステイの期間

我が家のホームステイの受け入れ期間は2泊3日の短期ホームステイの受け入れでした。

ちなみに受け入れ人数は2人で、16歳と17歳の男子高校生です。

日本語、話せんやないかーい

一応、紹介していただいた先生からは相手(アメリカ人)は日本語の勉強をしていて、
少しなら日本語を話せると聞いていました。

というより、日本語話せる相手だから受け入れたんですが、
まぁ、案の定と言いますか、日本語が話せなかったんですね。

先生のことだから、そうなるとは思っていましたが。
あの時は「してやられた!」と思いましたね。

もちろん、我が家の英語力はゼロ

海外でバリバリ働く父親でもありませんし、母親はパートのおばちゃん。
二人とも海外旅行は新婚旅行と若い時に1,2回。
海外の人がほとんど訪れない田舎。

この地で磨かれた我が家の英語力は0。

なんとなく英語がわかる(受験単語)レベルは大学生の姉と私のみ。

ここで、ポジティブな我が家が考え出した結論がこちら

逆に考えるんだ、
「日本にいるのに日本語じゃないのはおかしいだろ」

ってね。

英語で対応?んだそれ、なめとんのか。
こっちがホームじゃわい。
日本にきたら、日本語で話している生活に慣れろや。

とまぁ、意気込んだものの、言葉が伝わらないのは仕方がないので
次の作戦に移行しました。

各機、ボディーランゲージ作戦に移行する

言葉が通じなくてもジェスチャーは通じる、
この信念のもとボディーランゲージ作戦に最初に対応したのは
母親でした。

洗濯物カゴの前でジェスチャーとバリバリの日本語で
服の置き方を教えていた母親の姿はまさに勇者。

この事件でお互いに
日本語+ジェスチャーと英語+ジェスチャーで意思疎通を
完璧にできるようになりましたね。

最終的にはトランプのルール説明もできるようになりましたから。

多分、お互いに悟ったんでしょうね。
「恥ずかしがっている場合ではない」
「こいつらと今から生活するんだ=家族だ」

そう、我々はホストファミリーなのさ!

ボディーランゲージ、いわゆるジェスチャーは誰にでも通じるし、
わかったら笑顔で頷いていりゃいいんです。

ダメなことは、腕でバッテン作ってダメ!っていうだけ。
素晴らしい、人間は言語がなくても意思疎通できる!

これでバベルの塔も再建可能!

英語が分からなければグーグル先生に聞いてみる

ホームステイに来るような海外の人っていうのは
お金に余裕があります。ので、基本的にスマートフォンを持ってますし、
日本で、ホームステイを受け入れようなんて考える家庭は、
だいたい誰かがスマートフォンを持ってます。

困った時にどうするか、グーグル先生に頼ればいいんです。
相手もスマホで翻訳してなにがしたいかを伝えて来ますし、
こちらもスマホで英語を検索してお話しできます。

困ったら、スマートフォンに頼ればいいんです。
英語力を磨きたいなら、受け入れより、自分が海外に行ったほうが早いですし。

ただ、翻訳が意味わからん感じになって出て来る時は脳みそフル回転で
相手の言いたいことを理解する必要があります。

まとめ:コミュニケーション能力が上がった三日間

我が家には祖母(70歳)がいるので、彼女が受け入れてくれるか心配でしたが、
持ち前のおばちゃんパワーで一番楽しんでいたようにも見えました。

お互いの言語が通じないというのは不便ですが、
逆に相手がなにを伝えたいのか、本気になって耳を傾けます。

これほどまで、相手の言いたいことを汲み取ろうとした3日間はありませんでした。
おそらくですが、コミュ力がグーンと上昇します。

英語が話せないだけで、ホームステイを受け入れないというのは勿体無い選択です。

ホームステイを受け入れるだけで得られる、たくさんのメリットがあります。

何より、楽しい思い出になりました。
ぜひ、お悩みの方は受け入れの準備をしませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました