短期ホームステイの受け入れで得られたメリットとデメリット

ホームステイ受入れのメリット・デメリット 管理人の日記

我が家に来たのは黒人の高校生だよ。

外国人のホームステイ受け入れで悩んでいる方もいらっしゃると思います。
また、

・ホームステイの受け入れをしない?
・ホストファミリーになってよ!

と誘われても正直なところですよ、

メリットないの?

ってなりませんか。

いや、正直なところですよ。
人間なんのメリットもなく行動できないじゃないですか。

冗談はここまでですが、この体験記を読んで
ホームステイの受け入れで悩んでいる方が

・メリットがあるなら受け入れてもよかろう
・これで家族を説得できる

となることを願っています。

ホストファミリーになったメリット

ホームステイの受け入れをしてくれる家族をホストファミリーと言いますが、
ホストファミリーになることで得られることは単なる語学の勉強以上です。

家族の仲が良くなる

私の家族は誰も英語が話せません。
70歳のおばあちゃんもいます。
でも、外国人が来たら英語できないどうの言っている場合ではなくなります。

誰か一人で説明できないなら二人、三人で身振り手振りを使って説明や会話をしないといけない状況になります。
これは意識が高い、低いとかの問題ではなく、一緒に生活する以上家庭のルールを知ってもらう必要があるためです。

すると、家族みんなで伝え方を考えたりして一緒に過ごす時間が多くなります。

だから、家族の仲が良くなります。
私と姉が大学生になってからは夕食の時間でも家族全員が揃うこともなくなっていましたが、
ホームステイの受け入れをしたことでみんなで揃って食事するという時間が戻りました。

家の中が明るく前向きな雰囲気になる

家庭に異文化の風が吹いたからでしょうか。
私の家では、ホームステイの受け入れが終わってから
我が家に訪れるお客さんが一時期増えました。

ホームステイに興味を持っているご近所さんが話を聞きに来たり、
いとこが私も会いたかったと話にきたりと、なんでもないことなんですが、
我が家に人が集まるようになりました。

すると、我が家全体に活気が出てきて、
旅行に行ってみようかという話が出たりして、
家族全員が明るく前向きなことを話すようになりました。

個人的なメリット

私は内向きな性格で中部地区選抜メンバーなんですが、
そんな私でも、ホームステイ受け入れ後に感じた変化がありました。

大抵のコミュニケーションがなんとかなると知る

ホームステイの受け入れが終わってから、
外国人ともコミュニケーションを取れたという自信から
人前でも物怖じしなくなりました。

物怖じというと少し大げさですが、
人前や初対面の人とも、普通に話せるようになりました。

英語が話せなくても言いたいことが伝わるんだから、
日本語で日本人と話すことがこんなに簡単なことかと驚きました。
(素直に受け取れるかは別ですが)

接客業のアルバイトでも、話しかけられると少しうんざりす時もあったんですが、
初対面の人であっても日本にいれば日本語で話をしてくれます。

言葉通じるじゃん、年齢差とか関係ないじゃん。

 

国境超えとんねん、こっちは!

 

面接がなんぼのもんじゃい。(就活中)

とかいう謎に自信を得られます。

謎の行動力がつく

旅先などで海外の人から
「写真、撮ってくれ」と頼まれたことはありませんか?

ホームステイの受け入れをする前の私も、写真の撮影はしていたのですが、
あんまり良い出来栄えでなくても、これで良いかなとか思っていた節があったんです。

ホームステイの受け入れをしたことで、
言いたいことは言語じゃなくても伝わるんじゃ!
とわかったので、写真を撮るだけでなく、
これで良いか?他の場所では撮らないの?
と日本語で聞いています。

意外にも通じるので、こう撮ってくれ!とか
こう撮りたいんだ!って向こうは英語で伝えてきます。

せっかく、日本に来てもらったら良い思い出にして欲しいじゃないですか。
一周回って私に写真撮らせろ!ぐらいの心構えでいますよ。
これが「おもてなし」ですよね、滝川さん?
私、わかりました。

ついでに、私と一緒に撮ってくれと頼むようになりました。

多分帰国後に、変な日本人がいたと思い出話になりますね。

ホームステイの受け入れという体験がなければ
絶対にしなかった行動でしょうね。

我ながら成長を感じております。

まとめ:メリット書いてたらデメリットない気がしてきた

ホームステイ受け入れのデメリットというのは

・(少なからず)お金を使う
・英語の理解で頭が痺れる

くらいですかね。
料理する人が人数分が増えて大変とかもあるでしょう。

でも、それでもメリットの方が多いです。
我が家に来てくれたゲストの子たちが良い子だったのもありますが、
今でも家族の会話の中でホームステイの受け入れの話をします。

家族で共有できる楽しい思い出を作れるのもメリットだった。
まぁいいや。

ホームステイの受け入れの感想文はこちら。

「我が家のホームステイの受け入れ体験記」

ホームステイの受け入れで準備したこと、喜ばれたことはこの記事。

「英語は必要ない!ホームステイの受け入れで準備しておくこと・喜ばれたこと」

とにかく、受け入れで悩んでいる方は、
ぜひ受け入れてください。

めちゃくちゃ楽しい思い出になりますから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました