大学生が貯金を成功させる為に実践したこと、やらなかった事

大学生が貯金する為に始めた事、やめた事 貯金・節約

なんの特技もない普通の大学生でしたが、バイト代だけで100万円の貯金を達成しました。

やったことと言えば、「バイトを掛け持ちした事くらいなんじゃ?」と思っていますが、振り返ってみると色々やってましたね。

当時を振り返りながら、大学生が貯金をしながら考えた事をお伝えできればと思います。

これから、貯金を始めようと考えている大学生の方は参考に出来るところだけ、参考にしてみて!

貯金をする為に始めた事

貯金を始めようと思ったのは、もっとお金の管理をキチンとしたいと思ったからでした。

私が貯金をするにあたって意識したのは以下の5点でした。

貯金する為に始めた事

・目標を立て、意識して貯金をする
・大学生の貯金は長期戦であると認識する
・貯金の計画を作成する
・お小遣い帳をつける
・貯金に限らずお金の勉強をする

貯金をする目標を定める

貯金をしよう!と思うのは、お金が足りないと感じているか、欲しい物があるかのどちらかだと思います。

お金が足りないと思っているなら、自分の生活にいくら必要か計算してみるのもいいかも知れません。

欲しいものの為にお金を貯めるのは私もよくやります。

やはり、目標があると貯金を続けやすいと思います。

くれぐれも何となくで貯金してはいけない。という訳ではありません。

なぜなら、私が何となくで貯金を始めたからです。

目標は何でも良いのです。

ただ、なぜ貯金しているのかという疑問に答えられれば良いのです。

大学生の貯金は長期戦である事を認識する

大学生ができるアルバイトというのは限られます。

時給の良いバイトと言っても時給1000円です。

アルバイトを掛け持ちするのも3つが限界です。

学生より稼ぐ金額が多い社会人ですら、貯金がない人がいるのです。

短期的に貯金を達成するのは、大学生には大変厳しいのです。

だからこそ、貯金は長期戦と認識して計画を立てましょう。

貯金の計画を作成する

目標を達成するコツは現状と目標のギャップを正しく把握する事です。

目標と現状のギャプを埋めるのに必要なのが計画です。

とは言え、貯金の計画を立てるのはめっちゃ簡単です。

毎月の貯金額を決めるだけですからね。

あとは、本当にその額を貯金できるかを検討するだけです。

お小遣い帳をつけ始めた

大学生になってからお小遣い帳というものに改めて挑戦してみました。

実は小学生の頃にお小遣い帳を付けていた事がありました。

その頃は2ページくらい書いて放ったらかしになりました。

しかし、時は経ち大学生。

エクセルでお小遣い帳をつけ始めたら、これが案外面白い。

自分の使ったお金が見えるという感覚にはまりました。

お金の勉強をする

勉強というと、嫌な感じですが、お金に興味を持ちましょう。

お金の本をたくさん読むと、少しずつ貯金も楽しくなってきました。

まぁ、序盤でよく怒られる本が多いですが、自分の知らないことなので、できるだけ吸収しようとしています。

図書館を利用すれば、ハズレを引いた時もお金のマイナスはありませんしね!

貯金をする為にやめた事

言うほど、何かをやめたわけではないんですが、そう言えばやらなくなった事があります。

それが以下の3つです。

貯金をする為にやめた事・大手キャリアの最新スマホを使う
・衝動買い、一目惚れで購入
・財布の中に1万円以上入れない

大手キャリアの最新スマホを使わない

まず最初に格安スマホに乗り換えました。

大手キャリアから、UQモバイルに乗り換えた事で毎月1万円払っていたスマホ代が、2000円になりました。

浮いた8000円は外食代になったり、貯金に回しました。

スマホの使い方を考えてみるきっかけとなったのが、最新スマホに魅力を感じなくなった事です。

もちろん、最新スマホが出たら欲しいな!と思いますが、よく考えると私、twitter(見る専門)とSMSしか使ってないじゃん。

LINEすら使っていない、クソザコです。

最新スマホをガジェット好きだからと買い続ける事に魅力を感じなくなったんですよね。

しかも、中古のスマホショップに行けば2年縛りとかなく好きな端末を購入できる。

もともと、中古品に抵抗がない、ショップ巡り好きとしては後悔する事がないんです。

てなわけで、最新スマホは情報を追うだけ、タブレットやパソコンの良い奴を買おう!と心に決めました。

ちなみにiPhone SEを使ってます。

衝動買い、一目惚れで購入をしない

私は身の回りに置く雑貨を頻繁に買う方でした。

雑貨類って一個数百円ですから、一回の買い物ではそんなにダメージがないんですよね。

でも、机の上は散らかるし、思い入れがないから埃も積もってくるし買った時がピークで後は行方不明となる事が多かったんです。

そこで、最後にダンボーのフィギュアを買ってからは、飾り付ける目的で物を購入するのをやめました。

結局はお気に入りが1つあれば満足できるんですよね。

財布の中身は1万円以下にする

普段使用する財布の中に入れる金額に縛りを設けました。

私はお小遣いを毎月決まった金額でやりくりしているのですが、月初めは余裕があるので買い物をたくさんしてしまい、月末にやべーとなるパターンを繰り返していました。

もともとは、月末のやべーを回避する為にお財布に入れる金額を決めていたのですが、結果として高額な買い物ができなくなり、衝動買いも減りました。

もちろん、飲み会や遊びにいく!という時はお金を多めにお財布に入れます。

要は使い所です。

普段から何万円もお財布にお金を入れておく必要はないよ!って話です。

大学生の貯金は金銭管理の基本を身につけるのが目標

大学生に貯金は不要という意見もあります。

私も大学生は無理に貯金をする必要はないと思います。

いわゆる自己投資って奴も大切ですから。

でもね、全く貯金がない生活っていうのも理解できなんです。

自分が何にお金を掛けて、何にお金を掛けなくても良いのかを知る為には貯金をするという縛りを設ける事が気づきのポイントになります。

「貯金額○万円」を目指すのではなく、身の丈にあった生活の仕方を身につければお金は勝手に貯まっていくんじゃないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました