持ち込みOK!サイクルベースあさひでクロスバイクのパンク修理!

自転車通勤をしているのだが、出勤中にクロスバイクの前輪がパンクした。

「そういえば、通勤経路に サイクルベースあさひ があったな。持ち込み修理可能だっけ?」と思いつつ、帰宅時に修理の依頼をしたら快く修理してもらえた。

自転車のパンク修理って経験があるようで無い。そこで、私の経験をもとにサイクルベースあさひのパンク修理について紹介する。

スポンサーリンク

サイクルベースあさひでパンク修理

持ち込み自転車の修理も受付

自転車修理は購入したお店しか受け付けてくれないと思ったが、持ち込みの車両でもOKだった。

最初に、「当店で購入された自転車ですか?」とは聞かれたが、それ以外には特に何もなく、受け付けを断られることもなかった。

パンク修理の料金

サイクルベースあさひは公式ホームページに料金プランが掲載されている。

サイクルベースあさひ:自転車修理工賃

パンク修理の場合、パンク一ヶ所で1,050円。2個目以降、パンク箇所が増える毎にプラス300円となっている。

チューブ交換は1,500円。ただし、チューブの種類によって値段は変わる。

私の場合、チューブが破れたパンクだったので、料金は以下の通り

チューブの部品代980円+工賃1,200円=合計2,180円(現在は工賃が1,500円になっている。)

パンク修理の時間

修理に必要な時間は恐らく30分~1時間程度。

私が持ち込む前に2~3台先客がおり、その後になるから1.5時間くらい時間が掛かると説明を受けた。

実際にかかる時間は、修理に持ち込んだ日の混雑具合に寄ると思われる。

10分くらい店内を見て回ったが、さすがに1時間粘るのは厳しいと判断。

一旦帰宅する旨を伝えると、名前(姓)と電話番号を控えた後に引換券がもらえ、「修理終了の連絡は無いので、予定の時間になったら受け取りに来てください。」と伝えられた。

夕食を済ませ、1時間経過したのを確認してお店に行くとばっちり修理が終わっていた。流石!

引換券を失くした場合

不安だったので、店員さんに確認した。

引換券をなくした場合は、名前と電話番号で本人確認をするみたいだ。

心配な人は運転免許証等の身分証明書も一緒に持っていこう。

修理中、代車のサービスあり

サイクルベースあさひは、当日中のパンク修理が不可能な場合は、修理完了までの間、無料で代車を借りられるサービスもある。

代車は普通のママチャリだが、ありがたい。

貸出用の自転車が全て貸し出されている時もあるらしい…日頃の行い大事。

有料会員はオンラインで修理予約が可能

サイクルメイトという有料会員(年会費:1,980円)の方はwebやアプリから修理予約ができたり、出張修理を受けられる。

私はすぐ近くに店舗があるため利用したことはないが、生活の足として自転車が欠かせない人や自転車の運搬が一人では困難な人には心強いサービスだと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました