バスでブログ書くのは至難の業と乗り物酔いの話

バスの中でスマホ作業 生活

電車ならギリいける。

バスでブログ書こうと思って今、書いていたのですが、私には厳しい作業でした。

小さな画面に集中するので、酔いやすくなります。

移動中にブログ書くのに便利なアプリ

simplenote

電車での移動が多かった大学時代から、「simple note」と言うアプリを使っています。

ネットワークに繋がっていれば、パソコンとスマホの同期を自動でやってくれるのが便利で重宝しています。

このアプリを使って、ブログの下書きをする事が多いのですが、バスの中で文章を書くのはやはり厳しかった。

酔う、酔う、酔う

バス酔い
もともと、バスの中では本を読んだりする事ができない人間です。

乗り物酔いはあまりしない方なんですが、文章を読んだりすると人並みに酔います。

そして、一度乗り物酔いした時にかなり辛い思いをしたので、乗り物の中では本を読まないようにしていました。

しかし、何を思ったか、今日、ブログ書けるんじゃね?と思い立ちました。

だって、暇じゃないですか?

私の様に乗り物酔いする人は移動中って、音楽聞くくらいしかできないんですよ。

電車の中では本を読んだり、スマホで文字読む事ができるのだから、バスでもいけると思ったんですよね。

でも、5分が限界だったね。

目的の駅まで30分くらいでしたが、5分でノックアウトでした。

スマホで長文書くのに慣れていない

スマホ入力
そもそも、スマホで文章を書くのに慣れていないというのも大きいです。

私は文章を書くときはパソコンで書く事が多く、スマホはあくまでもメモ程度の文章しか書きません。

そして、LINEなどのチャットアプリも使用していないので、スマホで文字入力するのが苦手なんですよね。

フリック入力も未だに長押ししています。

塾でアルバイトしている時に、中学生にスマホの使い方がおじさんとまで呼ばれた、スマホ世代ですから。

スマホで文章を入力する事が苦手なのに加えて、バスの中。

酔わない方が無理ですよね。

電車とバス、酔いやすいのは?

乗り物酔い
乗り物によって酔いやすさは個人差がある様です。

私の様に電車はOKだけど、バスはダメという人もいれば、その逆の人もいます。

船とかは酔いやすいイメージがありますが、車酔いはしても、船酔いはしないと言う人もいる様です。

乗り物酔いの種類は様々ありますが、ゲームをしたり、本を読んだり、目を細かく動かすと酔いやすくなるのは確かです。

結局、乗り物酔いの対策としては

・外の景色を眺める

と言うのが正解の様です。

移動中くらいは外の景色を楽しめという事ですね。

まとめ:移動中に集中を必要とする行為はしない

リラックス
バス等で移動している時は集中力を必要とする作業はしないほうがよさそうです。

移動時間はあくまでも、外をぼんやりと眺めながら思考を整理したり、気持ちを落ち着ける様にします。

移動中の時間って結構持て余しがちですけど、その時間を自分と向き合う時間に当てれたら最高ですね。

他の人もいますけど、イヤホン等をしてしまえば自分の世界に入れますしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました