結局どっちを取得すべきなの?FPと簿記、気になる「お金」を扱う2つの資格の違い

FPと簿記の違いを紹介 ファイナンシャルプランナー

お金に関する資格ということはわかるけど、いまいち違いが掴めないFP試験と簿記試験。

ここでは日商簿記3級、FP試験3級を比較しながら、両方とも受験して分かったことも交えながら両資格を紹介してみる。

両資格の概要

日商簿記3級試験 FP3級試験試験
資格種類 公的資格 国家資格
試験日程 2月、6月、11月 1月、5月、9月
受験料 2,850円 6,000円
試験内容 商業簿記 学科試験(マークシート式)
実技試験(記述式)
試験時間 120分 120分+60分
合格基準 70%以上 60%以上
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による
制限なし。
FP業務に従事している者または
従事しようとしている者

両資格とも受験希望さえあれば、誰でも受験可能です。

FP試験は3級取得から順番に2級、1級と取得する必要がありますが、日商簿記はいきなり1級から受験することもできます。

勉強内容の違い

よく言われる簿記は企業のお金、FPは個人のお金を扱うというのも理解できますが、両検定を勉強して実感したのは、簿記は「過去の出来事」に注目するのに対して、FPは「これからの出来事」に注目するという違いです。

どちらの技能・検定もリンクする部分があり、対象のお金が違うというより、視点が違うような感覚があります。

簿記で学ぶこと

wikipedliaの簿記概要欄には以下の様な説明があります。

簿記(ぼき、英語: bookkeeping)とは、企業などの経済主体が経済取引によりもたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用を記録することである。より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」である。

物を買う、物を売る、お金を借りる、お金を儲けるという出来事を「お金の流れとして記録する」方法が簿記なのです。個人に当てはめるならば、家計簿でしょうか。

そのため、簿記検定は早く正確に物やお金の種類を見極めて整理し記帳する能力(『仕訳(しわけ)』)が問われます。

お金やものがどの分類になるのか?という知識は必要になりますが、知識はあった上で正確な記述ができることが重要になってきます。

試験内容としても、知識ではなく実際に手を動かせるか?ということがメインになるため、そろばん検定を思い出しました。

FPで学ぶこと

こちらもwikipediaから引用すると、

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)は、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。

FPの主たる業務は、依頼主の「現状把握」→「将来設計」です。これを企業相手にするとコンサルタントでしょうか。

顧客によりベターな提案を行う技能が問われます。人に教えるには3倍の知識が必要と言われるように、試験内容も暗記メイン。高校受験や大学受験のようなテストというとイメージがしやすいと思います。

難易度の違い

個人的に難易度は「簿記>FP」でした。FP3級は正直、真面目に勉強すると1ヶ月もあれば大体の人が合格できます。簿記は少なくとも3ヶ月は欲しいです。

簿記3級はしっかり対策

慣れていない人にとって簿記の仕訳はむずかしく感じると思います。というか、難しかったです。

貸方、借方という言葉がまず聞き慣れないし、費用や設備をどっちに振り分けるのかがよく間違えるんです。

なので、3ヶ月は欲しい。私が実際に勉強した時間は1日1時間を4ヶ月くらいでした。仕事をしながらだったので、ここら辺が限界でしたね。

FP3級はとても簡単

参考書を買って、アプリで過去問を解いてを繰り返して1ヶ月あれば大丈夫だと思います。

簿記検定の後にFP取得をしたので、かなり

就職に有利なのは簿記

FPを職業として、ご飯を食べていくならFP試験を受験することをおすすめしますが、一般企業に就職するのであれば断然簿記がおすすめです。

FPの知識と簿記の知識では必要としている母数が違います。どんなに小さな企業でも商売をするなら、簿記の知識は必要不可欠ですが、FPの知識を企業で活かせる業界は狭いです。(FP事務所、保険会社など)

しかも、FP3級は持っていても正直、就活には役に立ちません。(持っていないよりは持っていたほうが良いですが)

理由は取得がめちゃくちゃ簡単で「誰でも取得できる資格」というイメージがあるからです。3級を勉強してみると、2級以上じゃないと人前でFP3級と言わないほうが良いとも感じるほどです。

と言って、簿記3級で就活が有利に進むとも感じません。大卒なら「あぁ、勉強してきたんだね。」くらいでしょう。どんな資格でも3級では就職で決定だとなる活躍はしないでしょう。企業の財務担当で働きたいなら2級以上あると安心でしょうか。

母数が多いという点で簿記のほうが役に立つというだけ。私が転職する際も日商簿記3級以上という募集要項はよく見かけましたしね。

実際に人事担当で働いたことはありませんが、結局就活なんて企業側が欲しいと思った所に当たらない限り受かんないよ。

20人募集していようが、300人募集していようが財務担当の枠が0人だったら、どうしようもならんです。

逆に1人募集に300人応募者がいても企業側が欲しい資格なり、人格、経歴を持っているのがあなた1人だったら採用されるんです。

同時期に取得するのは難しい

試験日程が近い

簿記検定(日商簿記)とFP検定試験の日程はズレていますが、ズレた期間内に勉強するには少し時間が足りません。

もしも、受験するならば簿記検定が先をお勧めします。

私は6月に簿記検定3級を受験し、9月にFP試験を受けました。

もしも、6月の試験に落ちても次の簿記検定の試験は11月になるので、2ヶ月の勉強時間を作れると思ったからでした。

FP3級試験がかなり難易度が低いので、頑張ればなんとかいけそうな気もしますが、おすすめはしません。

なぜなら、次のステップを目指すなら連続して勉強したほうが効率的だからです。

どちらの試験も3級の内容を忘れないうちに2級に挑んだほうが受験しやすいと思います。間に他の資格の勉強が入ると興味も意欲も削がれます。

共通項目が少ない

お金の知識という大枠は似ていますが、完全に異なる資格です。

バランスシートの味方など共通する部分もありますが、全体で見たら1割もない程度。

そのため、違う勉強の方法になります。上述したように、連続して上位の級に挑んだほうが良いと感じたのもこれが理由です。

求められている方を取りにこう

私は会社では技術関係の職場にいますから、特別にお金の知識が求められる訳ではありません。

医師免許や看護師免許のようにこれ一枚で食べていける資格ではないので、求められている方から取得しましょう。

FPと簿記の知識は普段の生活の中でも役立っていると実感できることが多く、とって良かった資格の一つです。

お金の知識は知っている人と知っていない人で差が付きやすい知識ですが資格勉強を通して、知識を蓄えると結構楽しいですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました