FPと簿記のダブルライセンスを目指すことで得られるメリット

ファイナンシャルプランナー

お金に詳しくなりたい!と思った時に、資格の取得を目指して、自分のレベルを確かめたいですよね。

お金の資格といえば、

・簿記(日商簿記検定)
・FP(ファイナンシャル・プランニング技能士)

の二つが人気の資格です。

どちらもお金に関する資格ですので、どちらを取るか悩む方もいると思います。

私も簿記とFP、どちらの資格を取るか悩みました。

簿記は企業のお金、FPは個人のお金

簿記の勉強は企業の中でのお金の流れを勉強することになります。

企業の売上や、資産の状況を詳しく知る為には簿記の知識は必要になってきます。

一方、FPは個人のお金に関する知識です。

例えば、保険や税金といった個人の生活に密着した知識を得られます。

FPも簿記もお金に関する知識には違いありませんが、

・簿記=企業(会社)
・FP=個人

この二つの資格の違いを認識しておけば、目指す資格がどちらになるかは自然と決まりますね。

企業のお金の流れを知りたいなら簿記検定。

個人のお金について知りたいならFP試験を受験するのが良いですね。

私は簿記とFPのダブルライセンスを目指しています

私は簿記の知識とFPの知識、どちらも手に入れたい欲張り屋ですので、現在資格取得に向けて勉強中です。

簿記検定は日商簿記1級を目指しています。(日商簿記3級取得しました!)

FPはFP2級(AFP)を目指して勉強中です。(3級結果発表待ち)

簿記とFP試験はダブルライセンスを目指しやすい

簿記と、FPの資格取得は並行して行い易いと私は思います。

なぜなら、

・お金の知識という共通する部分がある
・試験日程が被りにくい
・3級までは独学でも勉強可能

という並行して勉強し易い条件が整っているからです。

お金という共通する知識である

簿記とFPはお金に関する資格ですので、共通する部分が出てきます。

例えば、FP試験で出てくる「バランスシート」は簿記検定でも出てきます。

企業でも、個人でもお金の使い方は共通する部分が多いのです。

簿記は電卓を叩いて計算する試験ですが、FP試験は暗記に頼ることが多い試験です。

共通する部分もありながら、実際に訓練するべき内容は違います。

私はこの計算と暗記というバランスが、資格取得までのモチベーション維持につながりました。

計算に飽きたら暗記、暗記が辛くなったら計算へ、と集中力を切らさずに勉強できたのです。

簿記検定とFP試験は試験日程が被らない

日商簿記検定の試験日程は

・2月(2、3級のみ)
・6月
・11月

FP試験の試験日程は

・1月
・5月
・9月

と、簿記検定(日商簿記)とFP検定試験の日程はズレています。

私は6月に簿記検定3級を受験し、9月にFP試験を受けました。

次の簿記検定の試験は11月になるので、2ヶ月の勉強時間を作れます。

さらに、FP試験も簿記検定から2ヶ月後です。

並行して勉強するための時間をしっかり確保できますね。

私が簿記とFPのダブルライセンスを目指す理由

私は会社では技術関係の職場にいます。

ですから、特別にお金の知識が求められる訳ではありません。

それでも、簿記とFPの知識を手に入れようとするのは、お金のことについて考えるのが好きだからです。

お金は生活に密着しています。

それなのに、私にはお金の知識が少ないのです。

ルールの知らないゲームで勝負するのは怖いですよね。

それなのに、私たちはお金のルールを知らずに普段生活しています。

だから、私は簿記とFPに勉強を通してお金の知識を少しでも身につけて、このブログで発信したいのです。

まとめ;簿記とFPのダブルライセンスのメリット

簿記検定とFP試験は

・お金の知識という共通する部分がある
・試験日程が被りにくい
・3級までは独学でも勉強可能

という、並行して勉強し易い資格試験です。

しかも、企業と個人の両方のお金の知識を身につけられるというのはとても魅力的なメリットになります。

仕事で求められる知識だけでなく、お金の相談を受ける機会はあります。

さらに、保険や税金というのは企業も個人も支払うものです。

簿記とFPの勉強をすることで、企業のお金、個人のお金、どちらにも強い人になりたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました