銀行口座を目的別に使い分けよう!貯める専用だけじゃない使い方!

目的別に銀行口座を使い分けよう 管理人の日記

使って良いお金、貯めておくお金を明確にする為には「口座分け」に取り組みましょう。

多過ぎる口座は、管理が煩雑になってしまいコントロール不可になってしまうので、自分の生活に適した口座を持ちましょう。

私は銀行口座を目的別に作って行ったら、最終的に6個の口座を持つ事になりました。

それぞれを紹介しながら、目的別に口座を持つ事のメリットをお伝えできればと思います。

私が使い分ける6個の口座1ヶ月分の生活費:生活費口座(都市銀行)

毎月定額を積み立て:貯金口座(ソニー銀行)

株の取引や、投資信託に:投資口座(住信SBI銀行)

会社の福利厚生:財形貯蓄口座(ろうきん)

ブログなどの副収入や、自分の好きの為:趣味口座(ゆうちょ銀行)

へそくり貯めて好きな物を買う!:へそくり口座(地方銀行)

会社の給料から毎月の生活費を支出:生活費口座(都市銀行)

私の生活を支えるのは、会社からいただくお給料です。

これがないと生活できませんので、お給料が振り込まれる口座から生活に必要なお金が引き落とされるようにしています。

とはいえ、会社の独身寮に住む私は給料天引きで家賃、電気代が引き落とされるので残ったお金が丸々使えるお金となります。

生活費口座を作る際のポイント
・住む場所の近くにその銀行のATMがある
・出先にもATMがある

生活費用口座は、使う為の口座ですので自分の生活範囲にその銀行のATMがある事が私の条件でした。

コンビニでもATMが設置されており、利便性はどこも同じですが、コンビニのATMは提携先でないと、無駄な手数料が必要だったりするので、その銀行のATMが近くにあると手数料を抑えられます。

1円の利息が付きにくい時代に、お金を引き出すだけに108円も取られては堪ったものではありません。

毎月一定額を自動で積み立て:貯金専用口座(ソニー銀行)

貯金のコツは先取り貯金に取り組む事です。

そこで、生活費口座から毎月一定額が振り込まれるようソニー銀行のおまかせ自動入金サービスを利用しています。

貯金専用口座を選ぶ際のポイント
・都市銀行より高金利
・一度入金したら引き出しにくい事
・資産の移動が簡単な事

ソニー銀行は「積み立て定期」という仕組み預金があり、一般的な金利より高金利でお金を預ける事ができます。

さらに、ネット銀行なので後述する同じネット銀行の住信SBI銀行と連携がさせやすいのも便利です。

株の取引や、投資信託に:投資口座(住信SBI銀行)

素人なりにですが、株や投資信託に手を出しています。

基本的にはボーナスの一部を投資に回しています。

使用している証券会社がSBI証券なので、系列の住信SBI銀行に口座を作りました。

SBI証券買い付け口座にもなる「ハイブリッド預金」が魅力です。

投資用口座を選ぶ際のポイント
・ネット証券との連携のしやすさ
・入金をする銀行との連携のしやすさ

住信SBI銀行のスマートプログラムはポイントが貯まるのも魅力です。

会社の福利厚生:財形貯蓄口座(ろうきん)

この口座は特に言うことはありません。

会社の福利厚生で財形貯蓄に補助が出る為、開設しました。

ただ、会社の財形貯蓄に預け過ぎると、自分が自由に引き出せるお金が少なくなってしまうので、私はあくまで非常予備のお金です。

ソニー銀行が本丸なら、会社の財形貯蓄は「隠し通路」みたいな感じです。

会社の財形貯蓄を利用するポイント・基本的には引き出しが不可能なお金

・自分でお金を動かしたい人は少なめでOK

・金利補助などの福利厚生は最大限利用する

ブログなどの副収入や、自分の好きの為:趣味口座(ゆうちょ銀行)

副収入を持っている人は、副収入用の口座を持つと本業と副業のお金を明確に分けられるのでオススメです。

それを「趣味口座」として、自分の好きな事、欲しい物の為に「使う口座」にしましょう。

副業としての収入がない場合は、下記のへそくり口座と合体させても良いと思います。

ゆうちょ銀行にした理由は特にありません。

お年玉を入れていた口座が、お年玉をもらえる年齢ではなくなったので、どうしようかと思っていた時に、このブログからお金が発生したので、副業用の「趣味口座」にシフトしました。

趣味口座開設のポイント
・好きなもの、好きな事の為に使う
・副業で稼いだお金を入金する
・ATMの多い都市銀行がおすすめ

へそくり貯めて好きな物を買う!:へそくり口座(地方銀行)

毎月のお小遣いの端数を貯めていく口座です。

使い道は自分のお小遣いの範囲を超えてしまうけれど、欲しい物です。

例えば、パソコンやスマホ、新しいお財布なんかも良いですね。

お小遣いを節約してでも欲しい物だと夢がありますし、節約グセが自然と身につきます。

へそくりだから、手元に置いておきたい気持ちも分かりますが、目につくと使いたくなってしまうのが人の性です。

へそくりも、銀行口座に入れておくワンクッションで使いすぎを防ぎます。

私は毎月お小遣いを定額にしており、小銭貯金もしていないので、残ったお金は小銭もろともATMに入金します。

これは学生時代から使っている地元の地方銀行を使用しています。

ATMに小銭入れが付いていると言うだけの理由です。

へそくり口座開設のポイント
・小銭を入れられるATMだとベター
・へそくりも銀行に入れて貯金しやすく
・目標は大きく持つ!

自分に必要な銀行口座の数を知ろう

銀行口座は絞った方が、お金は貯まりやすいですし、通帳の管理が楽です。

それでも、複数所有するのは「目的別の入出金」を明らかにしたいからです。

口座の使い分けに正解はありませんし、人それぞれに使いやすさがあります。

ただ、今、口座を1つしか持っていない人は最低でも2つは持っておくと、目的別口座に口座を持ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました