22歳男、初めて美少女フィギュアを手にする

管理人の日記

前のブログに書いていたのが出てきました。

ダンボーの写真は大和代わりだと思ってください。

艦これの大和のフィギュアが取れた

自他ともに認めるオタクです。

でもね、フィギュアは持ってなかったの
キャラクターは好きだけどフィギュア買ったら
もう、
なんというか、
自分の中で「引き返せないところまで来ちゃったな」って。そんな感じだったの。

でもね、UFOキャッチャーで獲れてしまったのよ。
友達とノリで「500円でなんか獲ろうぜ」なんて始めたのが間違いだったんだ。

500円で勝負!

普通のUFOキャッチャーではなく、穴に棒を通して景品を取るタイプの台で勝負。
景品は黒いドレスの大和と水着姿の時雨改二。
ここで考える。

そう、「家に持ち帰ることになってまだ大丈夫なのはどちらか」問題だ。

これに関しては明らかに大和のフィギュアだ。
一発目のフィギュアに水着の萌えキャラはまずい。

実家暮らしだぞ、親の目もある。
チャンスは5回ある。とりあえず大和を取りに行こう。

1回目でx軸方向の感覚は捉えた。
だが、y軸は奥方向に足りない。
チキンな自分が出てしまった。

2回目、y軸は完璧。
でも、x軸が少し右にずれる。
ここで、行けると確信。
友人たちも盛り上がる。

3回目
捉えたー!
獲った、獲った、完璧!
会心のガッツポーーーズ!

残り2回で時雨は取れませんでした。

が、ここで問題。
取れてしまったのだ。いや、あの、取りたかったんだけど。
まさか本当に取れるとは。

どうしよう、なかなか持って帰るの恥ずかしいぞ。
店員さん、どうして半透明の袋にしてくれなかったの?

丸見えだよ!
まるで、オタクみたいじゃない。
いや、オタクなんだけど。

売っちゃえ!

ゲームセンターの帰り道、中古ショップが目に留まった。
「ここで売っちゃえば、お金はプラスになるんじゃねーか?」
そんな考えが頭をよぎった。

お店に入って査定をお願いする。

「これ、査定してください」
「800円です、キャンセルしますか?」
「キャンセルで!」

早かった、迷いなんてなかった。
もう、いいよ。
800円なら持ってるよ。
大和やぞ、日本の魂やぞ。
それを800円って、売れない。
そんな値段では売れない。
ここまでくると「フィギュアはないわー」とか「部屋のどこに置くの?」
とかは頭から消え失せていた。

大型建造で何人の提督が涙したか知っとんのか?
武蔵が被った時の悲しみを知ってんのか?

俺が保存する。
俺が持っているべきだ。
よし、持って帰ろ!

こうして、中古屋であんまりいい値段がつかなったから持って帰るという言い訳を無事に手にしました。
ここ、重要です。人の目を気にする私には言い訳がいるのです。

家族の反応

家族は私がオタクということを知っています。
あからさまにオープンにしているわけではありませんが、リビングのテレビで録画したアニメを見たいたりするので、「まぁ、好きなんだろう」という感じです。

母親「上手に作ってあるねぇー、いやらしい感じじゃないからいいわ」
ごめん、残り2回のチャンスは水着の時雨改二を狙ってました。

父親「こういうの(値段が)高いんやろー、ミニカーの隣によく売っとるわー」

祖母「うちの人形(日本人形)より可愛いわー」

概ね、好感触でした。
ポイントはやはり、黒のドレスだったこと。
肌色が少ないので抵抗感も少なかったみたいですね。

こうして、初めて美少女フィギュアを手にしました。
自分の好きなキャラクターが置いてあるのは不思議な感覚ですが、
しばらくは楽しんでみようと思います。

ちなみに、白でした。
えっ、なにがって?いいんだよ、伝わる人だけに伝われば。
白でした!

実家から出てくるときにブックオフに結局売ったんですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました