「好き」な理由を明確にするのが難しい理由

食事を面倒に感じる理由 管理人の日記

好きなものを批判されるのが怖い!

好きな理由を明確にするのが難しい理由はこれだけだと思う。

好きに理由はない、んなわけない

好きになったものに理由はいらん。
そんな主張もある。が、あるだろ、理由。

彼女(彼氏)を好きになった理由、好きな食べ物の好きな理由とか。
なんでも良いけど、私たちは物事に理由つけて生きてんですよ。

嫌いな食べ物に嫌いな理由があるように、好きなものにも理由があるじゃん。

私はトマトが嫌いなんだけど、トマトのあのグジュグジュした感じと、青臭いのが無理。
体に良いかも知れんが、トマトだけは食べられん。

逆に、好きな食べ物、例えば唐揚げ好きなんで、唐揚げだとしたら。
衣がサクッとしてるところとか、唐揚げの元の味が好きとかあるのよ。

語彙力がないから「好き」を表現ができない

好きなところがわからん、そういうことはままある。
私も好きなこと全部に理由をつけて人に説明するのが難しいと思ってる。

唐揚げの話なら、具体的な味の説明できないし、どれくらいの揚げ方が良いとか、文章にするのは難しい。
こういうのは、文章にするのが難しいから好きを説明できない。

好きを表現するのに圧倒的に語彙力が足りてないのさ。
好きを説明するための語彙を自分が持ち合わせてない。

言葉ってただの記号だから、感情を表すのに適した言葉がない時がある。

そのくせ、「好き」って言葉はなんでも内包してて、とりあえず相手に前向きな感情を持っていると伝えられるから便利に使っちゃう。

好きなとこがわからないんじゃなくて、好きになった理由を見つけるのが怖い

そんな語彙力の問題もあるが、好きなった理由を見つけるのが怖いのに私は理由がある。

「好き」の理由は「嫌い」の原因になる

おかしなことを言っているけど、物事の「好き」の理由はそれが消えたら、その物事が嫌いになるんだよ。
その上、好きだった物事の嫌いな理由になるから困る。

唐揚げのあの味が好きだから、唐揚げが好きな私は、唐揚げが違う味になったら嫌いになるの。
嫌いは言い過ぎかも知れないけど、興味は失せる。

だって、味が違うんだもん。仕方がない。

だから「好き」って感情の理由はなんかあやふやにしておく。
「好き」の理由がなければ、好きだったものが「嫌い」になる原因をなくせるから。

好きの理由は曖昧でも問題にならない

自分の嫌いなことは理由持っておかないと大変じゃん。

私の場合、「トマト嫌いです」って人に言って、理由が「なんとなく」だと相手は許してくれないじゃん。

「なんとなくなら、食べたら」って断りきれんでしょ。
だから、みんな嫌いなものには理由を持っているし、明確にしておく。

でも、好きなことって理由を明確にしておかなくても、なんの問題も起きない。
「唐揚げが好きです」、「じゃ、注文しよう」ぐらいでしょ。

人から自分の好きなことの理由を訊かれることはない。就活くらいよ、訊かれる時って。
あとは、話のつなぎ。

好きなことの理由が難しいのは、好きを嫌いになる原因を作るからだと思う。
そして誰も理由がないことを問題にしないから余計に説明できなくなるのよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました