ながら作業って本当に悪者なんかな?+ヘッドホン難聴について

イヤホン 衛生用品・ヘルスケア
イヤホン

私、ながら作業が大好きです。
大好きなんです!

いや、めっちゃ好き。

というか、ながら作業の方が考えがまとまる気がする。

音楽を聴きながら勉強をする。
ラジオを聴きながら、本を読む。
テレビを見ながら、昼寝する。

最後のは地球に優しく無いからやめた方がいい気もする。
が、どれも実際にやっている人は多いと思う。

ながら作業は落ち着く

落ち着きませんか?ながら作業。

もうね、高校受験から音楽、ラジオを聴きながら勉強に勤しんでた私にはながら作業が日常なんですよ。このブログを書いてる時も音楽聴いてますよ。

なんかさ、耳に何か流れてないと落ち着かない体になったわけですよ。

でもこれって、体に悪いよね?

ずっと、ヘッドホンで聴いているわけでは無いけれど、難聴になる危険性もあるわけさ。
そんで実は、作業効率が落ちているって話もある。

体に悪くて、脳みそも働いてくれないなら、今すぐやめれば良いんだけど、そんなん簡単にやめれたら悩まないわ。

ヘッドホンで音楽を聴いて難聴になるのは大体90dBで8時間連続で音を聴いた場合

意味わかんないっす。
90dBって音量のメモリでどれくらいの話してんの?ってなりますよね。

地下鉄の電車内で80dB程度の音量らしいです。
ふーむ、じゃあ意外と大きな音でも8時間以上聴かなければ、難聴になる可能性は低いのね。
少しだけ安心した。

私、大体音量3とか5で音楽を聴いているので多分大丈夫でしょ。
だって、音楽聴いてるはずなのにタイピングの音が聞こえるくらいの音量だよ。

ながら作業は寂しさを紛らすためにしている?

私の場合、YESです。
実際には音楽を聴いている感覚はないです。

ただ、人の声とか、音を聞くと不思議と寂しさが紛らわせるんですよ。
ブログ書いているときとかならタイピングの音しかしないし、勉強中もペンで書く音しかしない。

そんな感じだと息苦しさを覚えるんですよね。
集中モードに入ってしまえば、全くきなならないんですけどね。

だって寂しいじゃん。あと、虚無感が襲ってくるんだよ。

あれ、俺何してんだろ?とか。集中が切れたときにふと虚無感が湧いてきてしまって、
その感覚が嫌いで集中が切れても、何か聞いいて痛いんだと思う。

ながら作業で効率が落ちるか知らんが、みんな何かしながら行動している

ながら作業は、2つのことを同時に行うから効率が落ちる。
うん、その通りだと思います。

今時のパソコンは高性能だけど、古いパソコンだと、パワポ開いてエクセル開くってことができなかったからよくわかる。要は脳みその処理容量を超えてしまうのさ。

人間の脳みそは年々大きくなるわけども無いから、性能は多分人によって差は少ないはず。
だから、複数のことを一気にできないよ!ってことでしょ。

でもさ、実はみんな、ながら作業してるよね。
入浴中に仕事のアイデアが湧くとかがいい例でさ、ながら作業で意外なアイデアが生まれることもあるわけさね。

だったら、そんなに悪者扱いしないでも良くないか?
複数の作業を並行に行ったときにもいいことあるじゃん。

仕事中は、ながら作業をしない

不思議なことに仕事中とか、バイト中は音楽聴きながらとかじゃくても作業できる。

多分、仕事用のスイッチが付いていてそれがON になっている時は、ながら作業じゃなくても大丈夫なんだと思う。
むしろ、1つずつ仕事を終わらせたい。器用にマルチタスクできない。

でも、仕事用のスイッチはいつもONにしていられない。
だから、ブログを書くときとか本を読むとき、すなわち私にとっての娯楽中はスイッチオフモードになって、ついつい、ながら作業をしてしまうんだろう。

この状態は誰にも迷惑をかけていないからながら作業でも問題ないはず。
ただ、体に悪いんだよとか言われると止めなきゃいけない!って勝手に思い込んでしまうから辛いんよな。

まとめ:娯楽の最中なら好きにするのがいいさ

私の出した結論は「自分の時間ならどんな風に作業しても問題ない」。
これしかないよね。人に迷惑をかけるわけじゃないし、ヘッドホン難聴にならない程度に気をつけてながら作業を続けようと思います。

やめたらブログの記事の質が上がるんならやめるかもしれんけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました