バッティングセンターで幻のホームランを打った話

バッティングセンターに友人と行ってきました。

私が打てる速度は130km/hが限界ですので、
110km/hで楽しくバッティングしていました。

その日は体にキレがあったのでしょう、面白いようにいい当たりが飛んでいきました。
そのうち、ホームランの看板近くに飛んでいくようになり、
一度もホームランを打ったことのない私は、
「絶対に当ててやる」と鼻息荒くバットを振っていました。

打った感触ではちょっと詰まったかなという一球が看板に当たり、流れる音楽。
もう、気分は最高です。
でもまだ、ゲームの途中!
ホームラン賞が欲しくても貰いに行けません。
というより、少しパニック。
「本当に当たっちゃたよ」
「これってどうすればいいの?」

ゲーム終了後にお店の方に
「ホームラン当たったんですけど」と尋ねてみたものの、
「えっ、本当ですか、すいません、見てませんでした」
と潔く謝罪されてしまいました。

というわけで、幻になったホームランでした。

もし、今度ホームラン打ったら、音楽の流れている間にお店の人に
報告しなければ!

[amazonjs asin=”4478061912″ locale=”JP” title=”落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました