Excel VBAでHello world!を実行する

なんはともかく「Hello World!」
こいつを表示させることがプログラムを学ぶ上で
絶対に通る道。

Hello World!

ということで、Excel VBA(マクロ)で
「Hello World!」表示しましょう。

Sub Hello World()
Msg Box("Hello World!")
End Sub

以上です。
めちゃ簡単だぜ。

Msg Boxはメッセージボックスってことでしょ。
簡単だ、分かりやすいぜVBA。

でも、こいつを上手く使えば仕事が自動化できるんだから大したもんですよ。

大学の研究室でVBA勉強し始めましたけど、
実験データまとめるの楽になりました。

それまではなんか、欲しい値を関数電卓打ち込んで計算してたらしいんですよ。
それを、何十回もやるなんて絶対に嫌だったんで、マクロ組みました。

Excelで研究データまとめるのはどうなんだという話もありますが、
私の研究室ではそれに到達していない、目分量で接線引いてましたから。

アカデミックとはなんぞやってところですよ。

数値を触ろう!

話を戻します。
VBAを使う場面はいろいろとありますが、
私はExcelのセルから値を抜き出して計算に使うところから始めました。
ですから、自動化とは程遠いところからスタートしています。

それでも、VBA、マクロの魅力に気づきました。
自動化という切り口も素晴らしいですが、
いきなり自動化って基本難しいと思います。
無茶じゃん。
料理知らない人に料理ロボは作れないでしょう。

敷居が高いと言ってもいいかもしれません。

それなら、まずはExcelの操作になれるところから始めませんか。
セルに数式を打つのだるいと思い始めてからマクロの勉強しても
全然問題ありません。

Excelは数値を扱うのが得意なソフトですので、
いきなり、マクロだ、自動化だと意気込むより、
家計簿をデジタル化しましょう。

そうして、これ毎回計算するのめんどくさいわと思う方がマクロに手を出すはずです。
すると、そのうち出来るようになったりならなかったりするわけです。

とりあえず、興味を持つことが大事!

いや、まぁ、なんていうの、マクロ組めますけど、私 |д゚)チラッ

ただ、これだけは言えます。

「私、マクロ組めます」ドヤッ

は周りの方から感謝されまくりですよ。
みんな、方法は知っていてもやろうとはしませんもんね。

私も、カレーの作り方知ってますけど、料理しませんから。
お相子なんですけど。

マクロ組んで、褒められることも自動化しましょう。
(いいこと言った)

[amazonjs asin=”B0060T07BM” locale=”JP” title=”PLATA【 お寿司 すし SUSHI 】 おもしろ USB メモリ 8GB 【 まぐろ 】”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました